シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

獨協埼玉中学校

2022年03月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

獨協埼玉中学校の数学科が求めているチカラとは?

獨協埼玉中学校/先生
1文章をきちんと読み取るチカラ

本校ではこの問題のような記述問題を必ず出題しています。考え方や式といった解答の過程を記入してもらいますが、その第一段階は、設問文をきちんと読み取ることです。算数の問題で文章量が多いと「難しそう」「面倒臭そう」と思うかもしれませんが、この問題は読めばさほど難しいことは書いていません。丁寧に読む習慣をつけましょう。

2情報を整理して状況をつかむチカラ

解答のポイントは、キャンペーンの「1000円につき300円値引き」という条件を正しく理解できたかどうかです。支払いがいくらのとき値引きはいくらになるか、状況をつかむ力を見ました。思っていたほどできなかったのは、「〜につき」の意味を正しくとらえられなかったのではないかと思います。

3自分の考えを他者に伝えるチカラ

記述問題の解答を見ると、説明がなく、式だけ羅列する解答が目立ちます。どうしてその式が出たのか、考え方を説明できていません。頭の中の考えを言葉で説明するのは難しいと思いますが、一言添えるだけで採点者に伝わりやすくなります。伝える努力を怠らないでほしいですね。