シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

桐朋女子中学校

2021年12月掲載

桐朋女子中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.国語の学力アップには、口頭で論理的に説明できる力を養うことが大事

インタビュー3/3

近年において、生徒さんの変化もありますか?

峯先生 自分から発言をする傾向はやや弱まっている気がします。発言するのをためらうような雰囲気や、友達の反応を気にする生徒は増えているかもしれませんね。間違いをおそれずに発言する生徒を育てたいですね。

荒井先生 答えを早く欲しがるという傾向は、一定数あると思います。私たちも、いかに効率よく正答を出せるかということを鍛えられてきた記憶がありますが、学びは寄り道をしなければいけないこともありますし、学びの過程も評価されるべきだと思います。

桐朋女子中学校 掲示物

桐朋女子中学校 掲示物

習った内容を説明させることで、読解力や表現力はアップする

国語力を身に付けようと思ったときに、家庭で親ができることはありますか?あまり本を読まないような子が、どうやったら国語が好きになれるのでしょうか。

荒井先生 高校生・大学生であれば文章そのものに対する抵抗感を払拭してもらうしかないのですが、小学生を前提とするならば「本を読みましょう」といってもなかなか手が付かない場合もあるでしょうし、ライトノベルや漫画を読んで国語力が付くとも限りません。新書を読んでもらうほうが良いのですが、そもそも国語に苦手意識があればなかなかそうもいかないでしょう。

ですから、その日の国語の授業でどういうことを習ってきたのか夕食の時に聞いてみてください。説明ができれば、テストでも良い結果に結びつくはずです。親御さんとのやり取りの中で、子供たちも学校のことは聞いてほしいと思ってますから、授業で扱った内容を口頭で論理的に説明できるかどうかを見てあげて下さい。さらに発展的な質問に対するやり取りができるようになれば、理解が不足している点に気づいたり、疑問に思った点を自ら調べさせることもできるでしょう。そうなれば自然と読解力や説明力、表現力が身に付いていくのではないかと思います。これなら夕食の際に5分程度でも十分可能です。

「結論は何か?何を感じたのか?それはなぜか?」といった問答を繰り返しやっていくと、最初はできなくてもだんだんと言えるようになります。

この練習は、他人に想いを伝えるときのベースにもなります。結論が来て理由が続くという構成は説明文の読解でも同じです。主張があり、根拠があって、場合によっては結論が繰り返される、という構造になっていますから、そこを鍛えていくと良いのではないかと思います。

峯先生 私も同じような質問を保護者の方からよく受けるのですが、「新聞の投書欄」がとても良い、とおすすめしています。これは800字程度の短い文ではありますが、語彙を取り込むことが出来るし、書き手のものの見方や考え方に触れるよい機会にもなります。

荒井先生 書く技術も大事ですが、書く内容がないと文章は書けません。まずは視野を広げ、自身のものの見方、考え方を鍛えて、そして表現力を身に付ける、という手順で十分ではないでしょうか。

桐朋女子中学校 図書館

桐朋女子中学校 図書館

インタビュー3/3

桐朋女子中学校
桐朋女子中学校1941年、山下汽船株式会社社長の山下亀三郎氏の寄付金を基にして創立された山水高等女学校が始まりである。戦後、関係者の懸命の努力によって、桐朋女子中・高等学校として再生される。ブロック制の導入、通知表の廃止、面談による成績伝達、進路によるコース制をとらず、桐朋女子ならではの自由選択カリキュラムなど、絶えず創意工夫されながら現在に至っている。
一クラスは30数名だが、中学では分割授業・コース別授業を実施し、高校では、生徒一人ひとりが自由に授業を選択するカリキュラムが取り入れられている。そのため、生徒数に対する教員の人数が多い。生徒一人一人に目を行き届かせて、教科教育・教科外活動など、学校生活のあらゆる場面を通して、生徒の創造力を養う。
「ことばの力」を重視し、言葉で論理的に考え、表現する力が教科学習や学校行事の土台となっている。「武蔵野巡検」「都内見学」などの体験学習では、事後にレポートを作成する。受験生に「口頭試問」を行うのも、自分で考え自分の言葉で表現することを大切にしているからこそである。
運動部が12、文化部が18の計30のクラブがある。多くのクラブが中1から高3で活動し、お互いを高めるために刺激し合っている。6年間のクラブ活動を通して、チームワークを学び、人生において大きな財産となる人間関係を築いている。水泳部や放送部、新体操部は全国大会レベルだ。
桐朋祭では、毎年クラス発表が行われる。中学は義務であるが、高校は義務ではない。しかし、毎年全クラスが発表を行っている。他、クラブ、個人グループの参加で、合計100以上の団体が適材適所、その力を結集し、映画や演劇、音楽、パフォーマンスやバザー、展示発表など、各自の得意な分野で活躍する。