シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

桐朋女子中学校

2021年12月掲載

桐朋女子中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.生徒たちには意見交換や体を使って考える力を身に付けさせる授業を展開

インタビュー2/3

授業の話に移りますが、普段から対話を重視しているのかな、と思ったのですが、どのような国語の授業をされているのでしょうか?

荒井先生 いくつかあるのですが、まず、中学段階ではなるべく子どもたち同士で意見交換をし、「そうした考え方もあるんだ」ということを受け止めさせながら、考えを広げたり深めたりということを意識しています。

また、書くということは自分の考えを整理することに繋がりますから、学習内容を書いて整理したり、書いたものを説明させたりすることは意識して行っています。たとえば、「羅生門」や「こころ」、「走れメロス」などの作品論は、かなりしっかりしたものを書かせます。

「本物に触れる」ということをパンフレットでも謳っていますが、古典教育では中1から辞書を引かせ、漢文を素読して四コマ漫画を描いてみたり、百人一首の大会を行ったりと、文法から入るのではなく「体で慣れようじゃないか」ということを中学段階から意識しています。

峯先生 百人一首は、中学1年生では何がうたわれているかよく分からないと思いますが、テキストを使ってとにかく唱えることをさせています。最初はカルタ大会で「先輩に勝ちたい」「札を多くとりたい」といったところからのスタートとなりますが、高校段階では「こういう文法的な仕組みなっているんだ」と理解できるようになるので、なるべく早い段階から体に馴染ませることは大事だなと思います。

国語科/峯 和彦先生

国語科/峯 和彦先生

通知表がなく面談で評価を伝える

荒井先生 桐朋では「その都度評価」ということをずいぶん前から評価方法として取り入れていて、テストだけでは計れない鑑賞力や語彙を総合的に評価しようとしてきました。また、通知表がないので、面談では成績伝達とともに、各教科の取り組みの振りかえりと今後の学習に向けた方針を担任と相談します。それは入試の考え方と通じるところがあるのかもしれません。

成績の伝達は評価一本で決まるのではなく、各教科担当が寄せるメッセージを踏まえて、担任が子どもたちとやり取りをしながら、今はどの立ち位置にいて次のステップへ踏み出すためには何が必要か考えてごらん、という形で行われます。

良い評価をもらうためにテストがあるわけではありません。テストで80点の生徒がいれば30点を取る生徒もいます。そうした中で「残り20点は何が足りなかったんだろう?」とか「どこで30点取れたんだろう?」と自ら考えることが大切で、そのきっかけを作ることが評価の持つスタンスだと言えます。

桐朋女子中学校 校内

桐朋女子中学校 校内

生徒の良さを引き出してあげられる教員

一人一人の生徒をよく見ておられるのですね。

荒井先生 子どものどういう部分を伸ばしてあげられるか、ということは担任でないとなかなか判断できません。何十年も生徒一人ひとりと向き合いスキルを磨いてきた我々だからこそ、個性を伸ばす教育が謳える。口頭試問への自負もそこに発しています。単純に面談によって合否を決めるわけではありませんし、そこに論拠や妥当性が無ければなりません。

先生方の中で、情報共有や評価会などはかなりされているのでしょうか?

荒井先生 学年の打ち合わせや教科会は頻繁に行っています。本校はブロック制を敷いていて職員室もそれぞれのブロックに分かれてあるので、ブロックの会、教育研究所主催の研修会、授業参観などは少なくとも年に1回は行っています。

先生方が教えるだけでなく、グループワークも多く持たれているのですか?

峯先生 講義での知識の伝達も行っていますが、特に中学生は、子どもたち自身が主体的に学習したほうがより深い学びや気付きにつながるので、昔からいろいろな活動を工夫しながらやっています。充分理解している子が分からない子に教えてあげる姿も中には見られますが、経験としてはそういう機会を織り交ぜてやっていくほうがいいと考えています。

生徒のみなさんのようすはどうでしょうか?

荒井先生 学年やクラスにもよりますが、今受け持っている中学3年生は、授業の冒頭などに前回の復習などを質問すると、生徒たちの反応が良く返ってくるなと思います。グループワークやビブリオバトルでは、「私はこう思う!」と発言できる子が多いように思いますね。先日公民館を訪れて地域のお年寄りの前でビブリオバトルの成果を披露してきましたが、自分の意見を堂々とアピールしていました。

クラスによっても反応は異なりますが、場を作ったり発言のためのウォーミングアップをしておいたりするなど、教員の準備も大事だなと思います。

峯先生 国語科は講義だけでは授業を進められないという特質があるので、割と風通し良く教員同士で、「こんなものを作ったんだけれど、どんな反応があるかやってみない?」というような情報交換を頻繁にしています。

タブレットも導入されていますか?

荒井先生 使っています。個人的には子どもたちがやり取りしている姿や、付箋を使ってグループワークを行う姿は好きですね。タブレットですと「一人で作業して解答し、データ送信すれば完結する」みたいな、シーンとしたまま授業が進むというところがあり、使い方次第という面はあるかもしれません。

桐朋女子中学校 掲示物

桐朋女子中学校 掲示物

インタビュー2/3

桐朋女子中学校
桐朋女子中学校1941年、山下汽船株式会社社長の山下亀三郎氏の寄付金を基にして創立された山水高等女学校が始まりである。戦後、関係者の懸命の努力によって、桐朋女子中・高等学校として再生される。ブロック制の導入、通知表の廃止、面談による成績伝達、進路によるコース制をとらず、桐朋女子ならではの自由選択カリキュラムなど、絶えず創意工夫されながら現在に至っている。
一クラスは30数名だが、中学では分割授業・コース別授業を実施し、高校では、生徒一人ひとりが自由に授業を選択するカリキュラムが取り入れられている。そのため、生徒数に対する教員の人数が多い。生徒一人一人に目を行き届かせて、教科教育・教科外活動など、学校生活のあらゆる場面を通して、生徒の創造力を養う。
「ことばの力」を重視し、言葉で論理的に考え、表現する力が教科学習や学校行事の土台となっている。「武蔵野巡検」「都内見学」などの体験学習では、事後にレポートを作成する。受験生に「口頭試問」を行うのも、自分で考え自分の言葉で表現することを大切にしているからこそである。
運動部が12、文化部が18の計30のクラブがある。多くのクラブが中1から高3で活動し、お互いを高めるために刺激し合っている。6年間のクラブ活動を通して、チームワークを学び、人生において大きな財産となる人間関係を築いている。水泳部や放送部、新体操部は全国大会レベルだ。
桐朋祭では、毎年クラス発表が行われる。中学は義務であるが、高校は義務ではない。しかし、毎年全クラスが発表を行っている。他、クラブ、個人グループの参加で、合計100以上の団体が適材適所、その力を結集し、映画や演劇、音楽、パフォーマンスやバザー、展示発表など、各自の得意な分野で活躍する。