シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

茗溪学園中学校

2021年09月掲載

茗溪学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.数学を「楽しい」と感じてくれる人間になってもらえるような授業を行いたい

インタビュー3/3

新しくアカデミアクラスが出来たということもありますが、今後生徒には数学科としてどんな人に育ってほしい、どんな力を持って社会に出てほしい、というのはありますか?

新妻先生 全員が数学をできる必要はないのですが、数学を学ぶことが生きがいに思えたり、数学が楽しくて仕方ないと思えたりするようになってほしいという願望はあります。茗渓学園で6年間数学を勉強したことが、何よりも誇りに思ってくれたらうれしいな、という思いで授業をやっています。また、根拠とかそういうところに想いをはせることが数学を通じてできたらいいなと思います。

そのために、授業では比較的「なぜ?」「見たことのない問題をどう考えていくか?」「何をすればよいか?」といったことを重視しています。

尾島先生 私は中2生のクラスを持っているのですが、自分のクラスでは実験的に授業を展開しようと考えています。
たとえば図形の勉強だとユークリッドの『原論』という本を用いて、どういう順番で証明をしているか?というような話をしたりするのですが、中には中2の子でもこの本を親に買ってもらってまで読みたい子もいるんですね。本を読むと「なぜ教科書の定理がこの順番で書かれているのか?」というような舞台裏が見えてくるので面白いです。

また今年から中学部ではchrome bookを持たせるようになったので、ICTツールといったものを問題解決の手段として使える子にはなってほしいと思います。

茗溪学園中学校 美術室

茗溪学園中学校 美術室

「なぜそうなるのか?」を常に考えていける思考体力を身に付ける

茗渓学園に入ってきたいと思うお子さんに対し、普段、親御さんとしてはどういう事象に触れさせてあげれば、今回のような問題にも果敢に取り組んでくれるようになるのでしょうか?

新妻先生 なぜそうなのか?というのを考えたり、何よりも先にそれを解決したりしようとする思考体力は大事かなと思います。
1つの問題をきちんと考え抜く力ですかね。当然ながら中学受験が全てではないとは思いますので、身の回りのことに関心を持つことです。野球やゲームなどをやっているときに気づくことだってあると思います。

それ以外にも、親御さんが答えを教えなくても、パソコンやスマホで調べたり子どもたち自身で考えたりすることも大切かもしれません。

尾島先生 どんな些細な問題も、学問の中で世界とつながっているんだ、というのを親御さんが気づかせてあげるといいかもしれませんね。

佐藤先生 「なんで?」と聞かれたときに「そういうもんだよ」とごまかすのではなくて、なぜという疑問を考えていくことが大切です。

たとえば二つ大きさの違う石が転がっていた時に、「火山によるものか」「川によるものか」というように考えてみるとかです。いろいろなことに興味・関心を持つことによって「どうしてこうなるのだろうか?」「それはどういうことなのか?」というのが物事の根幹にあって、すべては繋がっている、ということが分かるようにお子さんを導いてあげることは必要に感じます。

茗溪学園中学校 書道室

茗溪学園中学校 書道室

インタビュー3/3

茗溪学園中学校
茗溪学園中学校1872(明治5)年創設の師範学校をはじめ、東京文理科大学、東京高等師範学校、東京教育大学、筑波大学などの同窓会である社団法人茗溪会が、1979(昭和54)年に中学校・高等学校を開校。以来中等教育批判に応える取り組みをする研究実験校として注目される。
知・徳・体の調和した人格の形成をはかり、創造的思考力に富む人材をつくることが教育理念。人類や国家に貢献できる「世界的日本人」の育成を目指す。自ら学び成長していく能力、Study Skillsを身につけさせる。通学生も短期の寮生活を体験するなど、共同生活を通じての人間形成を重視している。
筑波研究学園都市の最南端に位置し、広い校地にはグラウンド、屋外プール、テニスコート、バスケットコートなど体育施設も充実。全教室にプロジェクターが設置されているだけでなく、大教室や、天体ドーム、2つのコンピュータ室など、設備も機能的。近くに寮があり、約120名が生活。中学生は3~4人部屋、高校生は2~3人部屋。
生徒の将来を考えた教育構想から生まれた独自のカリキュラム。英語では外国人教師による少人数制の英会話などで語学力を強化。また、希望者は放課後に第2外国語として、フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語等を無料で受講できる。ほとんど全教科でコンピュータ利用の授業を実現するなど、情報教育にも力を入れている。中2~高3の英語・数学は習熟度別授業。高2から進路に合わせた選択履修となり、受験に向けた放課後の受験対策補習や夏期補習が本格的にスタートする。医学部など理系にも強く、海外の大学に進学する生徒も少なくない。
女子は剣道、男子はラグビーを校技として定め、冬には精神訓練のためそれぞれで寒稽古を行う。本物にふれる芸術鑑賞会、茗溪学園美術展、合唱コンクール、文化祭などは質が高い。学園内のいたる所に展示された生徒の作品を見ても、芸術への力の入れようがわかる。フィールドワークとして中1・中2はキャンプで観察や実習を行い、中3は京都・広島の研修旅行で日本の文化を訪ねて本格的な調査活動をする。高2ではオーストラリアで海外研修を行う。クラブ活動はラグビー、剣道、テニス、水泳、バトミントン、美術、書道、無線工学部などが活躍。昼食は中学生が食堂で全員給食、高校生は寮生は給食、通学生は給食またはお弁当で、お弁当は教室でとる。世界各地からの帰国生が全体の15%以上在籍している。
平成23年度よりSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に認定され、近隣の筑波大学や世界の最先端の研究所群とさらに協力関係を深め、生徒の学習・研究活動のレベルのより一層の高度化を実現中である。