シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

茗溪学園中学校

2021年09月掲載

茗溪学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.深く考えたり遠回りして考えることを実践するアカデミアクラス新設

インタビュー2/3

今度は授業の話に移りたいのですが、茗渓学園では「考えること」「本当にわかること」といった思考力重視の授業が展開されているのではないかと思うのですが、その点はいかがでしょうか?
また、先ほど新しいテキストの話も出ていましたが、その辺もお話いただけますか?

新妻先生 今年からアカデミアクラスの1期生がスタートしました。これはよくある先取り学習型のコースとは一線を画したコースなのですが、なぜ?を深く考えたり、どのようなつながりがあるかを遠回りしてじっくり考える、というコースになっています。

教育実験校として始まった取り組みではありますが、文科省が指定しているコースとは違うスタイルのコースがあってもいいだろう、ということでアカデミアクラスは作られました。

中学校の教科書というのはこれまでの経験に基づいて作られていると思うのですが、そこから一旦離れ、大学の数学なども踏まえながら論理的な授業を展開しています。また、じっくり吟味や証明をしたり考えたりすることは従来の学校のテキストではできないため、オリジナルテキストを作成しての授業となっています。

このアカデミアクラスは定期試験もなく、テストのための勉強というのが一切不要です。そのため、何度でも何時間でも考える、答えを教えずにじっくり考える、という取り組みを中心としています。

さらに授業では、予習段階で生徒に疑問を考えてもらい、それを先生側が受け取って授業で展開していく、といったことをしているのも大きな特色です。

小さい時に学校の先生に「何でこうなるんですか?」と聞いたところ「そんなことは考えなくていい」「難しいからいいよ」と言われたような辛い経験をした子も多いようで、茗渓学園で勉強していく中で、「自由に考えていいんだ」という環境や、一緒に考えてくれる友達と先生がいることを喜んでくれる生徒も多いんです。

このように、アカデミアクラスは「なぜ?」とか、わからない事とかを根本から考え、「何に基づいて正しいと言えるのか?」といった根拠について考えていけるコースとなっています。

数学科/新妻 翔先生

数学科/新妻 翔先生

理解度を高めるためのオリジナルテキスト活用

一般クラスもオリジナルテキストを使っているんですか?

新妻先生 カリキュラムは違いますが、アカデミアクラスでないクラスでもオリジナルテキストを使っています。そちらは検定教科書をアレンジしたり付け加えたり、といった形で工夫はしています。カリキュラムは異なるものの理念は同じですね。

一般コースからアカデミアコースに移ることも可能なんですか?

新妻先生 特進コースではなく、どちらが上とか下とかはありません。行き来は要望があれば可能です。ただ成績が悪いからコースを変えようね、ということはしていません。

佐藤先生 今年から始まったばかりなのでこれからですが、現状では学期の途中で変わるというのではなく、中1から中2に上がる時、中2から中3に上がる時といった場合に変更できるように考えています。最初の入口は合格の時の希望でコースを決めています。

現状中学では2クラスですが、高校からは3クラスにしようと構想中です。高校も文系理系というコース制ではなく、選択科目が文系と理系のどちらが多くなるかというくらいでしょうか。とはいえ、国公立大を目指す子たちはそんなことを言っていられないので、受験科目すべてをやることにはなります。あくまでどちら寄りかというだけです。

生徒さんは毎回授業の準備をしてくるのですか?

新妻先生 生徒はそれぞれ予習ノートというものを作っていて、テストがない分日々の取り組みを評価しています。
問題を解くのだけが予習ではなく、「わからないところがどこなのか」「何が問題なのか」という点を重視するようにしていますが、そもそも疑問を抱くこと自体が難しいテーマです。良問を思いつくことができるということ自体、数学の意図が分かっているということなのですからね。

茗溪学園中学校 オリジナルテキスト

茗溪学園中学校 オリジナルテキスト

生徒と対話しながら、わからないことをわかってもらう授業を展開

授業の流れとしては、準備をしてきて先生がそれを使いながら進めていく感じですか?

新妻先生 もし疑問があれば生徒と対話しながら行いますし、疑問がない場合には「本当にわかっているのか?」とこちら側から突っ込んでいくようにしています。子どもたちも、このような授業スタイルにだんだん慣れてきている印象はあります。発言できない子も中にはいるのですが、そういう子もノートには何かしら書いているので、それが面白いと思えば拾って授業に活かしたりもしています。

尾島先生 数学分野そのものが、経験的につじつまを合わせながら発展してきたものなので、きっちり説明しようと思うと矛盾してしまうところもあるんです。それをあえてやろうとしているところがこのクラスの面白いところですよね。数学史的にもいろいろ誤魔化しながらやってきたり、あえて「覚えてしまいなさい」と言われてきたりしたものはあります。

一般の人だと、何が誤魔化されているのかさえ分からないですね。

できないとされている子ほど「なぜなのか?」をしっかり考えている

尾島先生 出来ない子たちの混乱を見ていると、そこが説明できないから頭の中が取っ散らかってしまっているんだと思うのですね。それをさっと通り過ぎてしまえる子ならいいのですが、そこでつまずいてしまう子が「数学が出来ない子」となっているような気がします。

新妻先生 省略されている、かけ算や割り算の優先順位でつまずいている生徒もいるんです。「なぜそうなるのか?」をしっかり考えているから混乱しているんですね。教科書には書いていないだけです。それを追求して本質さえわかれば、自分で注意しながら進んでいくと思うんですけどね。

佐藤先生 今の中1生たちは、生徒たちの疑問とかごまかしをさっと流さないような授業をしているので、生徒たちの「知りたい」「わかりたい」という気持ちがすごく、できない子ほど「なんでなのか?」と考えている気がしました。

もともと子どもたちには「知りたい」「分かりたい」という気持ちは絶対あると思うんですね。アカデミアクラスではそういうものをどんどん引き出して、遠回りした結果の学びがどう昇華していくのかが楽しみですね。

先生たちが教え、解いていくだけの授業ではなく、生徒から「こういうことじゃないですか?」といった質問が飛び交うなど、今の子どもたちには活気がありますよ。

茗溪学園中学校 校舎

茗溪学園中学校 校舎

インタビュー2/3

茗溪学園中学校
茗溪学園中学校1872(明治5)年創設の師範学校をはじめ、東京文理科大学、東京高等師範学校、東京教育大学、筑波大学などの同窓会である社団法人茗溪会が、1979(昭和54)年に中学校・高等学校を開校。以来中等教育批判に応える取り組みをする研究実験校として注目される。
知・徳・体の調和した人格の形成をはかり、創造的思考力に富む人材をつくることが教育理念。人類や国家に貢献できる「世界的日本人」の育成を目指す。自ら学び成長していく能力、Study Skillsを身につけさせる。通学生も短期の寮生活を体験するなど、共同生活を通じての人間形成を重視している。
筑波研究学園都市の最南端に位置し、広い校地にはグラウンド、屋外プール、テニスコート、バスケットコートなど体育施設も充実。全教室にプロジェクターが設置されているだけでなく、大教室や、天体ドーム、2つのコンピュータ室など、設備も機能的。近くに寮があり、約120名が生活。中学生は3~4人部屋、高校生は2~3人部屋。
生徒の将来を考えた教育構想から生まれた独自のカリキュラム。英語では外国人教師による少人数制の英会話などで語学力を強化。また、希望者は放課後に第2外国語として、フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語等を無料で受講できる。ほとんど全教科でコンピュータ利用の授業を実現するなど、情報教育にも力を入れている。中2~高3の英語・数学は習熟度別授業。高2から進路に合わせた選択履修となり、受験に向けた放課後の受験対策補習や夏期補習が本格的にスタートする。医学部など理系にも強く、海外の大学に進学する生徒も少なくない。
女子は剣道、男子はラグビーを校技として定め、冬には精神訓練のためそれぞれで寒稽古を行う。本物にふれる芸術鑑賞会、茗溪学園美術展、合唱コンクール、文化祭などは質が高い。学園内のいたる所に展示された生徒の作品を見ても、芸術への力の入れようがわかる。フィールドワークとして中1・中2はキャンプで観察や実習を行い、中3は京都・広島の研修旅行で日本の文化を訪ねて本格的な調査活動をする。高2ではオーストラリアで海外研修を行う。クラブ活動はラグビー、剣道、テニス、水泳、バトミントン、美術、書道、無線工学部などが活躍。昼食は中学生が食堂で全員給食、高校生は寮生は給食、通学生は給食またはお弁当で、お弁当は教室でとる。世界各地からの帰国生が全体の15%以上在籍している。
平成23年度よりSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に認定され、近隣の筑波大学や世界の最先端の研究所群とさらに協力関係を深め、生徒の学習・研究活動のレベルのより一層の高度化を実現中である。