シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

茗溪学園中学校

2021年09月掲載

茗溪学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.受験の勉強ではあまり見たことのない初めて触れるような問題を解く

インタビュー1/3

この問題の作成意図についてまずはお話しいただけますでしょうか?

尾島先生 入試問題については、どの学校の入試問題もそうだと思うのですけれど、生徒が「過去やったことがある」「よく練習している」という能力を試したいとは出題者側は思っていないと思うんですね。

この問題は産業構造が大きく変わっていく中で、初めて見た問題を、提示された説明を読み取ることによって解決する力を見てみたいと思って作問したものです。図形の問題はどうしても長さや面積といった計量を問う問題が多い中、今回は「トポロジー」というつながりをみるという形で図形を見る問題でした。

正直なところ、図の1と2で立体なんて見えないと思うんですが、立体図を書きながらその根底では結ばれているということが理解出来たり、気づいていけるよう、解きながら問題構造が徐々に見えてくるような経験をしてもらいたくて作成しました。

本来であれば時間を十分与えたうえで考えてもらいたいところですが、試験時間といった制限がある中でじっくり考えてもらえないのは心苦しくはありました。しかし、試験中に解けなくても「こんな問題が出たんだよ」と試験後の夕食の話題にして、家族で考えてもらえるような問題になれば、と思っていました。

実際の子どもたちの反応はどうでしたか?

新妻先生 答案から判断すると、答えがはっきり分かれているような感じでした。図2はやはり難しかった印象です。

尾島先生 前半が軽くなったというのもあるのですが、数年前に比べると後半の問題を解ける子はだいぶ増えてきた気がします。ここ何年かで問題の構成も変えており、昔は計算問題がたくさんあったのですが、今は半分以下となってしまいました。

こうした試験になったのは何年前からですか?

尾島先生 3年前くらい前でしょうか。大きくガラッと変えたときには、受験生や家族、塾など皆さん衝撃を受けたみたいです。

新妻先生 今まではほとんど最後の大問に手を付けられていなかったんですが、ここ2~3年はしっかり書けているので、徐々に受験生にも浸透してきたのではないかと思います。

最近は思考力中心の問題を解くのが好きという生徒も増えてきています。
こうした問題は子どもたちはおそらく初めて見る問題で、受験の勉強の中では触れたことが無いと思うんですが、計算問題の割合が減ってきていて、簡単な計算も今年は3問だけでしたから、こういう問題に時間をかけて取り組めるのではないかと思いました。
ちなみにどれくらいの解答時間を想定していたのですか?

尾島先生 この問題に関しては2問とも解答できるとは思っていなくて、問2は悩んで時間切れで終わってもいいのかな、という感じでした。受験終了後の帰りの車の中で考えるぐらいでもいいのかなと。そう考えると10分くらいかけて解いてもらえる問題だったのではないでしょうか。

正答率はどれくらいでしたか?

新妻先生 正答率ははっきりとはわかっていないのですが、問1は比較的高かったです。それでも60%行かないくらいで50%程度だったと思います。しかし問2はかなり低かったと思います。それも10人くらいしか書いていなかったのではないかと。前半で時間を使ってしまった子は後半は考えられなかったでしょうし、きつかったのでは?と思います。

数学科/尾島 義之先生

数学科/尾島 義之先生

大人でも躊躇してしまうような問題

「トポロジー」というのは、大人でも初めて見る問題ですよね。

尾島先生 よく例えに出されるのが駅の路線図でしょうか。距離と形というよりも、駅と駅の繋がりだけをデフォルメして表しているということで、この問題はその立体版のような感じです。

新妻先生 ちょうどコロナ禍の休校時に考えた問題で、他の教科の教員も楽しそうに解いていました。

先ほど「正答率は高くなかった」と言われていましたが、「書けていたけどバツ」だったのでしょうか?それとも「全くの白紙」だったのでしょうか?

新妻先生 図2は見取り図を書くので、想像していなければ書けないんですよね。だからほとんど白紙ですね。

茗溪学園中学校 学年スローガン

茗溪学園中学校 学年スローガン

受験生がこの問題を面白がって解いてくれることを期待して作成

何%出来ればいい、ということよりも、面白く考えてほしい、深く考えてほしい、というのを優先したんでしょうか?

尾島先生 実は、この問題が解けなかったからといって合格できないわけではありません。計算や小問などの前半部分がきっちり解ければ、合格に近付く点数は狙えたはずです。
過去問を見て「こんな問題を出してるんだ」と面白がってくれる生徒が受けてくれたらいいな、という気持ちでした。

例年と比べるとこの問題が割と突出して難易度が高かったように感じるのですが、今年こういう出題形式にしたのは意図があるのでしょうか?

尾島先生 この学年からの募集背景が少し変わり、アカデミアクラスが新設されたことが背景にあります。教科書ベースの授業からシフトしていく学年であるということもあり、「面白い問題を」という気持ちがあったのかもしれませんね。

茗溪学園中学校 スコーラ棟

茗溪学園中学校 スコーラ棟

計算問題のウェイトは減少傾向に

次に全体の話に移りますが、全体構成としては計算問題といった基本問題を少なくし、思考力重視で行こうということですよね。3年前から形式が変わったと仰っていましたが、大問が4つというのは決まっているのですか?

新妻先生 昔は計算と小問のセクションを分けていたのですが、全体の構成としては変わっていないです。

最初の計算問題におけるウェイトは本当に少なくなりましたね。
「説明させる問題」は毎年必ず出題されていると思いますが、どういう力を見たいのでしょうか?

新妻先生 本校では「途中の考えを書こう」というのは大事にしています。答えを複雑にすることはいくらでもできるんですが、解く過程を見たいというのはあります。

大学入試も今の社会もそうですが、数学を通じて考えていることを表現するというのは重要で、それを小学校の段階でどれくらい表現できるのかを見てみたい、というのは私個人としては思っていたりしますね。

尾島先生 比較的単純な問題構成の出題でも、しっかり解答できるのは大事かなと思います。手を動かしてほしいという問題もあるので、自分からやってみよう、と思う気持ちも大切です。

数学の解答ではわかっているか・わかっていないかが重要

「~説明しなさい。」という問題では、△というのもあったのですか?

新妻先生 採点についてはそれなりに厳しくつけています。数学においてはわかっているか・わかっていないかが重要な問題だと思っています。ちょっとしたミスなどはあるかと思うのですが、これはきちんとわかっているな、というものについては得点をあげることもあります。

尾島先生 小学生の場合、証明や説明の仕方を習ってきているわけではないため、そこまでうまく表現はできないことはわかっています。そこでの減点は考えていないです。式の中から本人の思考が見えるか?というところで採点しています。

一応言葉で説明するということなので、式だけで書いてある場合には×となってしまうのでしょうか?
学校によっては式だけでもいいケース、途中の過程もないとだめなケースなど対応は違っているのですが、茗渓学園においてはいかがでしょう?

尾島先生 問題によると思います。書き方については入学後の授業の中で指導していくところなので、そこで減点することはしていません。「○○算」のような解き方は、どうしてそれで解けるのか、きちんと分かっていれば立派な解答なのですが、なんとなく解けてしまったりしていることもあります。中1、中2になると、本当にわかっていることが重要で、なぜそのような答えになるのか、きちんと説明できることが求められます。

茗溪学園中学校 グラウンド

茗溪学園中学校 グラウンド

インタビュー1/3

茗溪学園中学校
茗溪学園中学校1872(明治5)年創設の師範学校をはじめ、東京文理科大学、東京高等師範学校、東京教育大学、筑波大学などの同窓会である社団法人茗溪会が、1979(昭和54)年に中学校・高等学校を開校。以来中等教育批判に応える取り組みをする研究実験校として注目される。
知・徳・体の調和した人格の形成をはかり、創造的思考力に富む人材をつくることが教育理念。人類や国家に貢献できる「世界的日本人」の育成を目指す。自ら学び成長していく能力、Study Skillsを身につけさせる。通学生も短期の寮生活を体験するなど、共同生活を通じての人間形成を重視している。
筑波研究学園都市の最南端に位置し、広い校地にはグラウンド、屋外プール、テニスコート、バスケットコートなど体育施設も充実。全教室にプロジェクターが設置されているだけでなく、大教室や、天体ドーム、2つのコンピュータ室など、設備も機能的。近くに寮があり、約120名が生活。中学生は3~4人部屋、高校生は2~3人部屋。
生徒の将来を考えた教育構想から生まれた独自のカリキュラム。英語では外国人教師による少人数制の英会話などで語学力を強化。また、希望者は放課後に第2外国語として、フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語等を無料で受講できる。ほとんど全教科でコンピュータ利用の授業を実現するなど、情報教育にも力を入れている。中2~高3の英語・数学は習熟度別授業。高2から進路に合わせた選択履修となり、受験に向けた放課後の受験対策補習や夏期補習が本格的にスタートする。医学部など理系にも強く、海外の大学に進学する生徒も少なくない。
女子は剣道、男子はラグビーを校技として定め、冬には精神訓練のためそれぞれで寒稽古を行う。本物にふれる芸術鑑賞会、茗溪学園美術展、合唱コンクール、文化祭などは質が高い。学園内のいたる所に展示された生徒の作品を見ても、芸術への力の入れようがわかる。フィールドワークとして中1・中2はキャンプで観察や実習を行い、中3は京都・広島の研修旅行で日本の文化を訪ねて本格的な調査活動をする。高2ではオーストラリアで海外研修を行う。クラブ活動はラグビー、剣道、テニス、水泳、バトミントン、美術、書道、無線工学部などが活躍。昼食は中学生が食堂で全員給食、高校生は寮生は給食、通学生は給食またはお弁当で、お弁当は教室でとる。世界各地からの帰国生が全体の15%以上在籍している。
平成23年度よりSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に認定され、近隣の筑波大学や世界の最先端の研究所群とさらに協力関係を深め、生徒の学習・研究活動のレベルのより一層の高度化を実現中である。