シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

芝浦工業大学附属中学校

2021年04月掲載

芝浦工業大学附属中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.韻文だから測れる言葉の力がある

インタビュー1/3

韻文の出題は芝浦工大附属中の伝統

今井先生 韻文(詩、短歌、俳句)の出題は本校の国語入試の特徴の1つです。韻文だからこそ試すことができる言葉の力があると考えて継続して出題しています。
この問題は100字記述です。「書く力」としては、与えられた文章の内容に沿って書く力、想像力をふくらませて適切な表現でまとめる力を確認しています。
模範的な解答は期待していません。借りてきた言葉ではなく、自らの経験や感性を含めた自分の考えを自分の言葉で表現してもらいたいし、そうした力のあるお子さんに入学してもらいたいと思っています。

国語科/今井 正道先生

国語科/今井 正道先生

物語性のある漱石の俳句から想像を広げる

5つすべて夏目漱石の俳句です。理由は何でしょうか。

今井先生 私は漱石が好きで『漱石全集』を持っています。1つは、手元に漱石の俳句があったというのがあります。小説家だけあって漱石の俳句には物語性が感じられます。そんな漱石の俳句から物語を再現できないか、発想を広げる力を試したらおもしろいのではないかと思いました。
受験生が選んだのは(1)の句が多かったですね。ただし(1)に偏ったわけではなく、まんべんなく選んでいました。どの句に関心が向くか、発想がふくらむかは、経験や感性によって異なります。受験生が取り組みやすいように、5つの句から選べるようにしました。
結構高度な作業を求めているので、どこまでできるだろうと思っていましたが、白紙は少なく、予想よりもよくできていたと思います。いろいろな解釈があって楽しく採点できました。こうした入試問題はできるだけ続けていきたいと思っています。

作者の気持ちを書くには論理性が必要

今井先生 得点の分かれ目は条件に従って書けているかどうかです。5つの条件のうち、特に、(B)「俳句から想像した出来事」、(C)「作者の気持ち」、(D)「作者になりきる」という条件を満たしていることが大事です。
(D)「作者になりきる」条件で目立った減点は、「作者はこういうことを書きたかった」と第三者の視点で説明してしまい、物語になっていなかった解答です。

(C)の「作者の気持ち」が難しいのは論理性が求められるからです。なぜそうした気持ちになったのか、因果関係をつかまなければなりませんね。

今井先生 本文(俳句)を無視しないで本文の内容に沿って書くこと。本文の読み取りができていれば因果関係をつかむことができると思います。

(B)「俳句から想像した出来事」として、受験生は俳句の情景を読み取れていたでしょうか。

今井先生 (1)の句の場合、「夢中になっていた」というように作者の気持ちをとらえていました。蛍狩が「楽しかった」というのもあるし、「つい見とれて小川に落ちてしまった」という気恥ずかしさ、滑稽さをとらえた解答もありました。

芝浦工業大学附属中学校 校舎

芝浦工業大学附属中学校 校舎

言葉の意味を正確にとらえる力で差がついた

今井先生 減点で多かったのは言葉の意味を取り違えた解答です。
(1)の句の「蛍狩」を「蛍を捕まえる」とした受験生が何人かいて、「蛍をやっつける」という極端な解釈もありました。これでは言葉の意味が違いますし、俳句で表現する題材としてもふさわしくありません。「捕まえて鑑賞する」など「蛍の光を楽しむ」のであれば点をあげられます。
(3)の句は「膝と膝とをつき合せ」の意味や状況かわかっておらず、「並んで歩いていたら近づきすぎて脚がぶつかった」とした解答がありました。(4)の句も「棺」を“空き缶”とイメージしたのか、「空き地で棺に菊を投げて遊ぶゲームをした」という話を書いていました。言葉の意味がよくわからなければ別の俳句を選ぶという判断も必要です。

漱石がお粥を食べたのは春ではないけれど……

今井先生 発想をふくらませた解答が多かったのが、(5)の句です。「病気になって、お母さんが作ってくれたお粥が心に染みた」といった話です。
七草粥を連想した受験生が多かったですね。漱石がこの句を詠んだのは胃潰瘍を患い療養していた秋であり、春ではありません。けれど、この問題は俳句から発想を広げてもらうのがねらいです。漱石の事実通りである必要はなく、「春」という言葉から七草粥を連想するのは許容の範囲内です。

七草粥を食べて身も心も「春のように温まった」という春の暖かさをイメージした解釈でもいいわけですね。

今井先生 そうです。一方で、「嫌いな七草粥を食べる時期が来てしまった」と書いた受験生がいました。これでは七草粥は春のイメージにそぐわないし、「七草粥が嫌い」という自分の気持ちを書いており条件に合いません。

(2)の句はどうでしたか。

今井先生 比較的無難な答えが多かったでしょうか。この句は良くも悪くも解釈でき、解答は両方ありました。前向きにとらえるか否定的にとらえるかは性格が出るかもしれません。

芝浦工業大学附属中学校 校歌

芝浦工業大学附属中学校 校歌

巧みな表現は豊富な読書量があればこそ

今井先生 言葉の意味を正確にとらえて、指定した条件を満たしていれば、8割程度は得点できます。残り2割は表現力です。物語として読み手を引き込む表現の巧みさも得点要素の1つです。

小学6年生にとっては難しいですね。

今井先生 表現力の点数はなかなかつきません。説明的な記述があった一方、巧みな表現で物語として読み手を引き込む記述もあり、満点を取った受験生もいました。満点の解答は、比喩や倒置法を使うなどして文章に工夫が見られました。これは意識的にテクニックを使ったというよりも、おそらく読んだことがある物語の中から表現を真似たのではないかと思います。入試でアウトプットできるということは相当な読書量だと思います。

想像と創造が求められる理系こそ韻文で鍛える

この問題は、「想像力」と「創造力」という2つの「そうぞうする力」が試されますね。

今井先生 まさにその点を大事にしています。中学に入学したばかりの生徒にも「想像力」と「創造力」の大切さを話します。
本校の生徒は「ものづくりをしたい」と多くが理系に進学します。イノベーションを起こすには想像力、発想力が必要です。私は「理系こそ韻文」だと思っています。韻文という字数が限られた表現から発想を広げる力は、理系だからこそ鍛えたい力です。

芝浦工業大学附属中学校 ロボット技術室

芝浦工業大学附属中学校 ロボット技術室

インタビュー1/3

芝浦工業大学附属中学校
芝浦工業大学附属中学校1922年4月、旧国鉄で働く若者達に中等教育の機会を提供したいという思いから、前身である東京鐵道中学が開校。第二次大戦中には東京育英中学へと名前を変え、戦後の学制改革で東京育英高等学校に再編。その後、1953年に経営が芝浦学園へ移され、現在の芝浦工業大学高等学校へと移行した。1982年には、板橋区坂下に移転。そして、2017年4月1日、豊洲校舎へ移転。高校は共学となった。2021年度からは中学も共学となっている。
中高大一貫教育によって理工系人材を育成することを目標に、科学技術に対する興味関心、理系の基礎学力・思考力、そして国際性や粘り強さなどの資質を育てている。「ほんとうにそれは正しいのか?」「別の考え方や方法はないのか」と常に自問する態度を重視し、そこから検証を加えて自分なりの価値判断を行い、最後に他者を納得させ、共感させ、感動させる表現力を手にする。大学や実社会で活躍する為に求められる批判的精神を大切にしているのだ
豊洲校舎は、芝浦工業大学のメインキャンパスの近くであり、他に例を見ない規模の連携教育が行われる。また、近隣にある企業・研究施設・体験施設・展示会場などが豊富に存在し、これから求められる学びに最適の状況だ。世界で活躍する技術者・研究者の卵の育成という本校の教育目標を実践するための校舎と、それを支える周りの環境に恵まれている。
理系ではなく理工系教育を重視し、「ショートテクノロジーアワー」では、各教科と科学技術との関わりを学び、中3「サイエンス・テクノロジーアワー」でサイエンスの面白さ、深さを学ぶ。中1の「工学わくわく講座」から高3「大学先取り授業」など、併設大学との連携講座が充実している。また、2021年度より新カリキュラムが始まり、テクノロジー系とグローバル系2つの探究がスタートした。「理工系の知識で社会課題を解決する」人材育成を目指している。最新のICT設備や大型機械も使えるファクトリー、さらには、「しばうら鉄道工学ギャラリー」など、芝浦工業大学附属中学高等学校ならではの設備・施設も魅力的だ。