シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

栄東中学校

2020年10月掲載

栄東中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.栄東が求めている生徒像はいろんな経験をしている子

インタビュー3/3

やみくもに読書しても読解スピードを上げることはできない

文章量が多いと必然的に読解スピードが速くないと設問に答えられないと思うのですが、どうしたら読むスピードを上げられるのでしょうか?

佐藤先生 読むスピードを上げるにはとても時間がかかります。鍛えられないわけではないのですが、特に評論文は、テーマ読解がある程度出来ると、「この考え方、どこかで読んだことがある」ということがわかるだけでスピードが上がっていくはずです。読解の技法は小学校から中学校にかけて学んでいきますので、以前に読んだり聞いたりしたことがある内容であれば、理解は進むと思います。

もちろん、本をたくさん読むこともスピードアップや言葉を覚えることには繋がりますが、やみくもに読んだからといって速くなるわけではありません。初めて読むようなテーマだとスピードが遅くなるのは、小学生でも高校生でも同じだと思います。

入試広報センター・国語科/佐藤 正行先生

入試広報センター・国語科/佐藤 正行先生

親は子どもの話に耳を傾けてあげることが必要

栄東を目指す受験生が国語を学習するにあたり、どのようなことを意識したり取り組んだりしていけばよいでしょうか?

大塚先生 小学校時代にはいろんなことを経験して欲しいと思います。旅行や読書、ニュースを読んだりした中で、自分なりの感想を持てることが受験に限らず必要になってくると思います。いろんなことを積極的に体験する姿勢があるといいですね。

そうした子どもに育てるために親ができることはありますか?

佐藤先生 親が子どもの話をよく聞いてあげることですね。子どもが体験したことを話せる場がないと意見があっても表現ができないので、記述力にも影響します。親はとにかく聞いてあげる役割に徹することが国語力向上に結び付くと思います。

伊藤先生 言葉が重くなってしまう子どもの親は、ちょっと喋りすぎたり、先回りしたりしすぎる傾向にあるように思います。そうすると子どもが自分の意見を言わなくなり喋らなくなってしまいます。待っていると喋るときもあるので、その子自身が発信できるよう大人がじっと待ってあげると良いと思いますね。

栄東中学校 図書館

栄東中学校 図書館

インタビュー3/3

栄東中学校
栄東中学校平成4年に中学校が開校し、中高一貫教育が開始された。時代の変化に先駆けて、アクティブ・ラーニングを取り入れ、「①授業、②校外学習、③キャリア、④部活動」という4つを軸に分けて展開している。授業での工夫という枠を超えて、生徒の学びの場すべてをアクティブ・ラーニング実践の場ととらえ、学校そのものがアクティブ・ラーニングの場である。特定の教員が実践するのではなく、全教員がアクティブ・ラーニングの実践者であることが最大の特徴である。
大学入試結果は教育の成果であり、そこにいたるプロセスと大学卒業後、社会で生きる力の育成に関する学校としての方針をアクティブ・ラーニングという理論に基づいて計画して実践している。授業は常に見学可能であり、教員同士がいつでも授業を見せ合う環境となっている。中1の入学時点では人の前でプレゼンテーションすることが苦手な生徒でも、中3までの間に至極当然のこととなっていくということである。
建学の精神「人間是宝」の理念は、『人間はだれもがすばらしい資質を持った、宝の原石であると考え、その原石を磨き上げ、文字通り本当の「宝」として育てること』であり、そのために、校訓「今日学べ」(今日のことは今日やり、勉強も仕事も明日に残さない)を掲げている。
広大な敷地には、勉学に専念するための充実した施設があり、先生方も遅くまで生徒たちの学びにつき合うことも多いという。勉強だけではなく、多くのクラブ活動も盛んであり、それは学校での生活すべてがアクティブ・ラーニングであるということに通じている。