シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

開智中学校

2020年03月掲載

開智中学校の社会におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.各教員の好きなことを織り交ぜながら、積極的な学習参加を目指した授業を展開

インタビュー2/3

受験後にも読んでもらえるような作問をしてきたい

では全体のことを聞いていきたいと思いますが、入試問題はいろんな先生が相談されながら作成しているのですか?

高田先生 これは社会科の授業のやり方と似ているのですが、各教員の好きなものを作るということになっていまして、作成段階で他の教員と事前の相談することはありません。そのため持ち寄ってみると「この視点は自分にはない」というようなことがあって面白いです。

たとえば私は世界史の教員ですが、担当の教員の専門性によって、それぞれの分野でこれは知っていて当然ということが違います。そのためお互いが暴走しないように調整はしています。出題の過程でなるべくそれぞれのオリジナリティは残していきたいという意識は持っています。

本当は30分と言わずもっと時間をかけて解いてほしいな、と一教員としては思いますが、受験生は入念には読んでいる時間はないので、受験後に読んでくれたり、次の代の受験生にゆっくり読んでもらったりして、何か感じてもらえればうれしいですね。今年で終わったセンター試験も、よく読んでみると面白い文章などもあって、生徒にも「二次試験までの間にもう一度読んでみよう」と指導することもあります。

社会科責任者/高田 学先生

社会科責任者/高田 学先生

大人の視点の萌芽を持っているかを問う問題も

向井先生 先端特待のリード文は「おとなとこどもの違いは何だろう」ということを考えるものでした。中高は大人の階段を登ってくる時期なので、大人の視点の萌芽を持っているか?というのを聞いている問題を多くしています。例えば今年の問題でいうと問4には「選挙に行くことの意義」について聞いている問題がありますし、問6で「社会の中でなぜ時間を守ることが求められたのか」という問題もあります。大人になるまでに一度はしっかりと考えてほしい、現代社会に関わる問いかけを、歴史などともからませながら出題しました。

今年は特に方針がはっきり見えると感じる問題でした。記述においては「こんなことを聞いて、こういう資料を出している。子ども達にこのようなことを聞きたいのかな?」という意図が見える問題が多かったと思います。見せ方のバランスというのも問題を作るうえで意識されていたり、苦心されていたりするのではないかと思うのですが。

高田先生 オープンエンドとでも言うのでしょうか、今回のSDGsの問題のように趣旨に即した解答なら正解、という問題は社会科に対するポテンシャルが見えやすくなるとは思いますが、オーソドックスな暗記作業を重ねることも決して軽視しているわけではありませんから、そういう練習を積み重ねてきたお子さんにも開智に入ってもらえるような問題もしっかり出しています。

開智中学校 エントランスホール

開智中学校 エントランスホール

社会以外の教科と融合した問題作りも

高田先生 ここ数年は、科目融合型および横断型の問題を積極的に出していまして、一昨年には元寇と気候といった歴史と地理を融合した問題を出題したこともありました。

特定科目に固執せずいろんな視点から問題が出題されているので、子ども達の中には「社会科の問題ってこんなに楽しいんだ」、「こういう視点も社会科で使えるんだ」と感じる子もたくさんいるのではないか、そんな印象ですね。

インタビュー2/3

開智中学校
開智中学校1997年に岩槻に開校して以来、「平和で豊かな社会を作ることに貢献できる、創造型・発信型の国際的リーダーの育成」を教育理念とし、探究型の学びを中心とした新しい学習のあり方を模索し推進している。
岩槻キャンパスの自然豊かな敷地にある一貫部棟校舎は中央に5階までの吹き抜けがあり、開放的な空間となっている。その一階部分にはテーブルが複数置かれ、生徒たちが自習やミーティングなどで使用している。蔵書3万冊を超える図書室、広大なグラウンド、バスケコート二面がとれる体育館のほか、ステージ発表や講演などが行われるホールが複数あり、自習室にはブース式の学習スペースが140席程度用意されている。昼食は中2まで弁当持参だが、希望者には給食弁当もある。中3からは食堂などが利用できる。
入学時に入学者自身が自らの志望に応じてIT(目標の大学が決まっている人のコース),MD(医療従事者を目指す人のコース),GB(グローバルな仕事を志望する人のコース),FD(志望をこれから考えたい人のコース)の4つのコースのいずれかを選択する。加えて、全員がS特待生で構成される「創発クラス」を2024年度入学から設置。創発クラスでは数学の特別授業「ガウス数学チーム」など各教科でより発展的な授業を展開する。この4コース制と創発クラスは高1までで、高2からは志望大学別のクラス編成となり、医学部を目指す医系クラスも設置される。高2からは放課後の特別講座が開始され、生徒の多くが塾や予備校に頼ることなく難関大学への進学を目指す。さらに国際バカロレアのディプロマ・プログラムの候補校ともなっており、2025年4月以降はこの資格を利用しての海外有名大学への進学も視野に入る。
開智の教育の核となる探究活動は、中1から生徒全員が個人のテーマを決め、疑問・仮説・検証・結論のサイクルを何度も繰り返し、考察を深めていく。毎年行われる探究発表会ではポスター発表、スライド発表など様々な方法で生徒全員が発表を行う。フィールドワークは、中1は磯、中2は森で「はかる」「くらべる」をテーマにグループワークを行う。中3は関西をフィールドとして地域調査を行う。高1では首都圏で個人の探究テーマに関わる調査を実施し、高2ではイギリスの大学で現地の大学生を相手に探究の成果を発表する。中2~高1の希望者対象にオーストラリア・アメリカ・シンガポールなどへの語学研修もある。
生徒の自主性を重んじる校風で、生徒主体で作られた委員会や部活動もある。それ以外でも生徒の自主的な活動が活発で、SDGsなどの活動も盛ん。部活動は運動部18、文化部12、同好会1。ディベート部や文芸部かるた部門などは全国レベルでの活躍もある。