シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

昭和学院秀英中学校

2020年03月掲載

昭和学院秀英中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.数学の学習を通して、自分の手と頭を使って考える体験をたくさんしてほしい

インタビュー2/3

数学の力を伸ばす工夫に取り組んでいる

数学の授業で工夫していることを教えてください。

嶽本先生 私は昨年、高3を担当していました。初見の問題(記述)でもある程度書けるレベルの生徒には、東大や東工大などの模擬試験問題を与えて、その解答を採点する時に、ただ採点するのではなく、「ここの部分では言葉を添えたほうがいいよ」などというやりとりができていたように思います。そういう生徒の多くは数学が得意なので、どんどん計算が進むのですが、それだけでは採点者側に伝わりません。「客観的にとらえた時には言葉が必要」ということを伝えることができたのは有効だったと思います。ただ、その対象が生徒全員となると難しいです。記述力に幅があり、個別の対応ができていないのが現状です。

長谷川先生 高3になると個別の添削もかなりやっています。また、低学年のときから難しい問題を1題与えて解ける子を募集するような学年もあります。学期に1回、数学科の教員が全員で見学する研究授業を行っているのですが、そこでは1つの問題について机を固めて生徒同士で教え合うということを時間をかけて行ったり、生徒が前に出て1つの問題を解説し、それを教員がサポートしていったり、そんな形式の授業が行われています。進学校というとガリガリ勉強するイメージをもつかもしれませんが、生徒が主体的に学ぶことを大切にしています。

数学科/長谷川 光明先生

数学科/長谷川 光明先生

数学が得意な生徒のもとに集まり学び合う

生徒さんから質問が出ることもありますか。

長谷川先生 そうですね。私は今、高2の授業を担当しているのですが、中学から本校にいる子は、先々のことを考えて自分で勉強を始めています。提示した問題がすぐできてしまうような、ある程度力のある子のもとに自然と生徒が集まって「どうやるの?」と聞いています。こちらが説明をする前に、子ども同士で学び合っています。

大人がしゃべるよりも子ども同士のほうが盛り上がりそうですね。

長谷川先生 授業の最後に、「この問題はレベルが高いぞ」などと言って、問題用紙を教室に置いていくと、中学生も高校生も休み時間にやる子がいます。少ない時間でできる子がいるので、そういう子のところに集まってわいわい話しながら解いています。そういう姿は男子のほうがよく見られます。

数学に興味関心をもってもらう工夫は大切

数学に関心を持ってもらうためにどのような工夫をしていますか。

松永先生 私は、2進法を使うと番号順に並べ替えることがすぐにできる、ということをよく話します。ルーズリーフの穴を2進法を使って切っていき、それに番号をふってカードみたいなものを作ります。それをシャッフルしてバラバラになっているものを穴に針を通して持ち上げていくのです。それを3回やると番号順になるんですね。実際にやって見せると、子どもたちはびっくりします。「なぜそれで番号順になる!?」と、関心を持ってくれます。

いいですね。問いが生まれますね。

松永先生 数学の学びが何に応用されるのか、というのを具体的に示すのは難しいと思うのですが、少しでも興味をもてるような工夫は大切だと思います。

昭和学院秀英中学校 教室

昭和学院秀英中学校 教室

数学的に思考する力をつけてあげたい

育てたい生徒像を教えてください。

長谷川先生 私は高校生の文系、理系を両方担当しています。この先、理工系に進んで、数学を道具として使う生徒もいますが、文系では、多くの生徒が大学生になったら数学を使わなくなるので、そういう生徒たちにも自分が教えている授業の中で数学的に思考する力をつけてあげたいと思っています。それは生徒自身にも自覚してほしいと思っています。公式などは忘れてしまうと思いますが、AからBになった、BからCになった。そういう考え方の流れというものを大事にしてほしいと思っています。今回の問題もそうですが、なぜ足し算ではなくかけ算で順位を出しているのか、というところに着目し、そういうところにも数学が使われていることに興味関心を示せる人になってほしいと思っています。

自主的に物事を考えることができる生徒を育てたい

嶽本先生 私は知識よりも知恵を重視しています。知恵があれば生徒自身が手を動かしながら考えることができます。それが自主的に物事を考えるというところにつながってくれることを期待しています。自分で何かを得るのは、人に何かを教わって得るよりも身につくと思うので、そこを理想としています。

理想に近づくために工夫していることはありますか。

嶽本先生 解法を教えるよりも、むしろ必要最小限の知識でどこまでいろいろな問題に立ち向かえるのか、そこを大事にしています。いろいろ覚えていなくても問題は解決できる、ということが授業の中で伝わっていくと、最終的に自分の頭さえあればなんとかなる、というところに行き着くと思います。そこが数学のロマンですよね。頭と紙とペンがあればどこでも考えを巡らせることができます。放課後などに集まって、そういうことをやっている生徒の姿を見るとすごくいいなと思うので、どんどんやってほしいと思います。日頃の授業でもそれは意識しています。ただ、先ほどもお話したように、そこに興味関心を示せるのは理系クラスの子なんです。それを文系の子たちにも浸透させることができるか、というのが自分の課題です。

昭和学院秀英中学校 柔道場

昭和学院秀英中学校 柔道場

男女ともに医学部志望が増えている

理系は男子のほうが多いですか。

長谷川先生 今はそうですね。

嶽本先生 年により違います。

長谷川先生 文系と理系の比率は半々くらい。新高2は理系が多いです。

松永先生 最近、医学部志望が増えていますよね。

嶽本先生 そうですね。女子も増えています。

インタビュー2/3

昭和学院秀英中学校
昭和学院秀英中学校1940(昭和15)年、市川市で開校した昭和学院。昭和学院秀英高等学校の設立は1983(昭和58)年で、総合教育機関としてさらに社会的に貢献するとともに、地域社会の発展に寄与するため、国際都市・幕張新都心に隣接する現在の地で開校した。その2年後の1985(昭和60)年には中学校を併設。千葉市の文教地区というきわめて恵まれた環境の中で、「質の高い授業」「きめ細やかな進路指導」「豊かな心の育成」という3つの柱をもとに、真の学力を身につける教育を実践している。
もっと学びたくなる、受けたくなる「質の高い授業」、一人ひとりの夢の実現に導く「きめ細やかな進路指導」、明るくのびのびした人格を育む「豊かな心の育成」という実践目標のもと、秀英独自の充実したカリキュラムを、じっくり腰を据えて展開してきた結果、大学進学実績は毎年向上している。進学に特化した特進コースや習熟度別クラスを設けているわけではない。生徒一人ひとりが真の学力を身につけるという、あたりまえのことを、高いレベルで着実に行うことを追求している。
中学校では、毎日の家庭学習を習慣づけるとともに、基礎・基本の確実な習得を図る。毎日の授業はもちろん、「朝自習」や各教科の課題、「補習・講習」などにおいて、わかるまで丁寧に細やかに指導し、応用力を高める高校3年間の学習へとつなげている。高校1年はクラス別授業で実力を養成、高校2年から文系・理系のコース制を導入し、高校3年では受験対策を徹底して、その成果として確かな合格実績をつくられている。
施設としては、物理・化学・生物・総合実験室など、特別教室が充実している。また、全面人工芝グラウンドや太陽熱利用プールなどもある。恵まれた環境のもと、クラブ活動も活発で、剣道・柔道・水泳・新体操などの運動部や文化部のほとんどの部は、中高合同で活動している。また、歌舞伎、文楽、能の鑑賞教室や、各界の第一線で活躍される人の文化講演会などの実施は、生徒の視野を広げて将来の進路を考える機会となっている。