シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

不二聖心女子学院中学校

2019年12月掲載

不二聖心女子学院中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.思考力や判断力を培うため、書くことを意識した不二聖心女子学院の国語教育

インタビュー2/3

文章を通じて人間を育てる

授業の話についてお伺いしたいのですが、近年国語科としてどんな授業を行おうと思っているか?どういう人に育てたいと思っているか?などについて教えていただけますか。

平山先生 私たちは文章を通じて人間を育てていきたいという思いは強く持っております。昨今の国語の動きとか高校のカリキュラムなどを考えなければならないのですが、ツールとして高校1年からパソコンの導入も始まりまして、来年は中学1年にchrome bookの導入も決めています。国語の世界でも今までにない取り組みが必要となっていくとは思うのですが、子ども達一人一人の発想や感受性を高めていきたいと思います。特に私は中学1年を教えているのですが、彼女たちが持っている力のもう少し上のところから引っ張っていき、全体の層を上げていくというのを意識しています。

国語という教科でなくても書かせることが本校では多くありますので、生徒たちには書くことを厭わない、それが思考力や判断力を培うことになると思いますので、書かせることを意識しております。

蒔苗先生 文章を通して人間を育てるというのは大事にしたいと思っているのですが、昨今の国語に関係する教育改革の中で論理偏重という部分はどうしても出てきているのを感じます。それはものすごく大事ですし、時代の要請もわかりますし、時代に合わせていかなければならないのは強く思うのですけれども、文学軽視の傾向に対して学校としてどう動くとよいのか、特に不二聖心という学校においては今後極めて大きな課題になってくると思います。

きちんとアンテナを張って、それを境域の現場でも活かしていく。国語教育で求めていくことって真・善・美とよく言いますが、3つの求めていくものがあったときに、真は何だという論理ばかりの追求ではなく、きちんと異を唱えながら国語教育を考えていくことは大事なことかと思います。心を養うということと、知性を磨いていくということの両輪をしっかりと国語の教育の現場でも見ていかなければならないと思います。

平山先生 先日学院祭がありまして、授業のそれぞれの取り組み内容や学習成果を展示・発表したのですが、国語ですと中1では詩を作って絵を描く、中2はポスター制作、中3だとパワーポイントで動画作成、高1ではPOPを作って自分のおすすめの本を紹介、高2は古典新聞といって古典を題材とした新聞を作る、といったことなどを行いました。こういった中で芸術的センスも発見できて面白かったですね。普段の国語の授業からは見られない生徒の姿が垣間見られたり、生徒同士が教えあったり、というのを見ることは新鮮に感じます。

国語科/平山 三穂先生

国語科/平山 三穂先生

ICT導入については、バランスをとりながら取り組んでいきたい

ICTについてはかなり利用する方向性にありますか?

平山先生 そうですね、先ほど申し上げたように高校1年からパソコンの1人1台利用が始まりました。そのため、私たちも手探りの状態なのですが、若い教員はITに関しては得意なこともあり、彼らに教えてもらいながらやっております。また、生徒たちのほうが詳しいこともあり「先生こうしたほうがいいよ」という感じで生徒に諭されながらやることもありますが、一方であまり詳しくない子もいますので、バランスをとりながらどこに焦点を当てていけばよいか気を付けているところです。

不二聖心女子学院中学校 掲示物

不二聖心女子学院中学校 掲示物

インタビュー2/3

不二聖心女子学院中学校
不二聖心女子学院中学校1920(大正9)年に岩下清周によって創立された温情舎小学校が前身。1945(昭和20)年、聖マグダレナ・ソフィア・バラが1801年に創立したカトリックの女子修道会「聖心会」に経営移管され、1953(昭和28)年に高校が開校。1957年に現校名へ改称。
学校を一つの家庭と見なし、キリスト教的価値観に基づいた心の育成を目指す。日々の祈り、宗教の授業や、クリスマスなどの宗教行事を通して、生徒たちは祈りの心、温かな人間観を身につけ、見えないものへの価値に目を開いていく。一方で、世間ではおとなしい生徒が多いと思われがちだが、掃除をするときロッカーを動かしたり、課外授業ではテントを張ったりと、たくましいところも見受けられる。また、新入生1人に高校3年生の生徒がついて学校生活を手助けする「エンジェル制度」は、家庭的な同校ならではの制度。
富士山の裾野に位置し、木々が茂る森があるなど自然に恵まれた学習環境にある。聖堂や校舎はフランス風で、各々に聖人の名が付けられ、広い敷地にゆったりと配置されている。マリア館には図書館や美術教室などがある。生徒用コンピュータは、図書館でも利用できる。校内LAN、体育館の完成に続き、2002年に新しい寄宿舎寝室棟が完成した。
英語の徹底重視が特色。中学では毎日英語の授業があり、習熟度別のクラス編成を取り入れている。英語が得意でない生徒には補習を積極的に行い、特に中学では基礎力の定着を徹底している。またスピーチコンテストなどを通して「使える英語」を身につけることを目指す。
自主的な研究活動も重視され、中学1年で学年研究、中学2年でグループ研究、中学3年では個人で卒業研究をまとめる。中学1年生から英語・数学で習熟度別授業を実施。補習は英語・数学を中心に、その他の教科でも放課後や長期休暇を利用して中学から適宜行われている。併設の聖心女子大へは例年約60%が進学。現役合格率は90%以上で、早慶上智大など全国の難関大学に幅広く合格している。
国際理解教育も重視し、イギリス、アメリカ、韓国、台湾、フィリピン、タイ、カンボジア、の体験学習も活発。世界に広がる聖心のネットワークを生かして、アメリカ、カナダ、スコットランド、ニュージーランドへの1年間の姉妹校留学制度もスタート。2018年からは高校2年生全員が聖心の創立の地フランスを訪れる「ルーツへの旅」が始まる。伝統的な奉仕活動、国際理解教育、環境学習が評価され2012年にユネスコ・スクールに認定された。
クリスマスキャロル、奉仕の日、祈りの会などの宗教的な行事を通して、誠実に生きる喜びを体験する。老人ホームの慰問や駅の清掃などを行う奉仕活動も活発。寄宿舎では200名以上の生徒が、中1~高2までの縦割りの4グループと高3の1グループの計5グループで生活している。互助の精神のもと家庭的な雰囲気があり、また規則正しい共同生活を通して、自分で考え自分の責任で行動する自律心を養うことができる。
週5日制なので、週末には自宅に帰省。体育大会、秋のつどい、クロスカントリー大会、弁論大会、音楽鑑賞会など、学校行事も盛ん。