シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

大妻中学校

2019年11月掲載

大妻中学校の社会におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.資料の情報と知識をつなげて考える

インタビュー1/3

資料から富山市の電気代が高い理由を考える

照山先生 本校の社会科は、人名や地名などを覚える以上に、覚えた知識や資料の情報を使って「考える」ことを重視しています。授業でも考える場面を多く取り入れています。この問題では、その場で考えて答えを導き出す力が、小学6年生の段階でどれだけあるかをはかりました。

作問のきっかけは、総務省の家計調査を見て「おや?」と思ったことです。富山市をはじめ北陸の1世帯あたりの電気代は全国平均より高めです。富山は豊富な水資源を電力に積極利用しており、北陸電力の水力発電の比率は全国トップです。水力発電は発電コストが安く、基本料金は安くなる。そうすると、当然電気代も安く済むだろうと思っていたので、このデータは意外でした。

社会科/照山 友教先生

社会科/照山 友教先生

数字から現地の人の暮らしが想像できる

照山先生 調べるうちに興味が湧いてきて、入試問題にできないかと思いました。
文章記述で答えるのは難しいかなと思いましたが、提示した資料を手がかりに、勉強してきたことと結びつけて考えることで、本校の社会科が大事にしていること、授業で実践していることに通じる問題になりました。

資料の数字から富山の人の暮らしぶりが想像できますね。

照山先生 作問に当たり、統計資料や電力会社のウェブサイトだけでなく、現地の人の様子を知ろうと、自治体の情報や北陸在住の個人のブログも参考にしました。机上の学習を自分のものにできるように、日々の生活とうまくつなげるようにしたいと思います。

4つのポイントどれか書ければ得点できる

採点基準を教えていただけますか。

照山先生 設問に「資料1・2をもとに説明しなさい」とあります。資料1の灯油代の高さから、富山の冬の厳しい寒さが読み取れます。北陸の気候は知識として持っていると思いますし、「暖房費がかかる」ことは触れてほしい要素です。
資料2からは「住宅が広い」「家族の人数が多い」ことがわかります。つまり、暖房費だけでなく日々の暮らしの電気代もかかるのです。家が広いと掃除機をかける時間が長くなり、照明器具も多い。家族の人数が多ければドライヤーの使用やスマートフォンの充電などにより多くの電気を使います。

富山市は、「住宅が広い」「家族の人数が多い」ため、「より多くの電気が使われる」。その上、「暖房費がかかる」ため、電気代が高くなっていると考えられます。以上の4つの要素をすべて盛り込めば満点(4点)です。1つでも要素が書けていれば得点できます。受験生の意図を読み取ってできるだけ点をあげるように採点しました。

大妻中学校 正門

大妻中学校 正門

灯油の使い道がわからない?

出来具合はいかがでしたか。

照山先生 答案を見ると何かしら書こうとする意欲が伝わりました。無答や得点なしはさほどなかったと記憶しています。受験生の54%が2点以上得点できました。暖房費に触れた解答は予想より少なかったですね。満点はごくわずかでした。

長谷先生 灯油代の違いは一目瞭然です。でも、日常生活で石油ストーブを使っていなければ灯油の使い道がわからないでしょうから、データの意味するところが読み取れないでしょうね。

照山先生 解答で多かったのは、「家が広いため、多くの電気が使われる」というものでした。資料2から、住宅の広さ(全国平均の約1.3倍)は指摘できましたが、家族の人数の多さは「全国2.33人=2人」と「富山市2.66人=3人」のデータからあまり読み取れなかったようです。

「ガス代が安いから」のような根拠がわからない解答もありました。暖房費に言及せず、単に「雪が多いから」と富山について知っていることを書いた解答は、資料と知識を結びつけて考えられなかったといえます。この問題のような考える問題では身につけた知識を総動員して、一歩踏み込んで考えてほしいと思います。

入試広報部部長 長谷 良一先生

入試広報部部長 長谷 良一先生

「蜃気楼」の正解率は1割程度

照山先生 北陸地方はどの県もそれぞれ特色があります。富山県は、過去に公民分野で五箇山の合掌造り集落を出題したことがあります。

富山県というと「蜃気楼」が有名です。第1回入試でも蜃気楼を答える問いを出していますね。

照山先生 正答率は11%でした。漢字が難しいのでひらがなでも正解にしましたが、「フェーン現象」のようにまるで違う解答がありました。

蜃気楼は教科書でも塾でも触れません。ニュースで見聞きするくらいでしょうか。

照山先生 このように、教科書の学習だけでなくもう少し幅広い知識を聞く問題も出題しています。世の中のニュースや家族との会話など、普段の生活から学んだことも大事にしてほしいと思います。

大妻中学校 社会科講義室内

大妻中学校 社会科講義室内

インタビュー1/3

大妻中学校
大妻中学校1908年に大妻コタカが創立した家塾が前身。校訓『恥を知れ』は、自分自身を戒める言葉。自律と自立を大事に、「リーダーシップを持って活躍できる品性を兼ね備えた教養ある女性」の育成に取り組む。創立からの理念と共に、時代の要請に応える教育を大切にしている。
6年間を中学1年、2年の「基礎力養成期」、中学3年、高校1年の「充実期」、高校2年、3年の「発展期」の3つに分け、学習内容を効率的に編成して、生徒の幅広い進路に対応する。
「基礎力養成期」では、安心できる環境の中で、自己肯定感を持ち、目標に向かって頑張ることのできる集団へと育てることを目指す。「充実期」では、「働くこと」「学ぶこと」の意味を考え、高校進学に向けて意識を高めていく。自分らしい生き方とは何かなど、将来の職業や社会への貢献などについて考える。「発展期」では、自分の将来像をより明確化し、具体的な進路を探っていく。「問題解決能力」「自己表現力」「発信力」を強化して、具体的な進路の決定と目標達成へ向かっていく。内部進学率は2~3%で、卒業生の大半が他大学へ進学する進学校として定着している。
また、クラブ活動や行事も盛んに行われていて、書道、マンドリン、バトントワリングなど、全国大会で活躍する部もある。袴姿にはちまきの応援団も登場する体育祭、中学生による研究発表、各部による発表、舞台演技など、全校で盛り上がる文化祭、イギリス、オーストラリアへの海外研修や、情操教育の一環としての芸術鑑賞など多くの行事がある。
職員と生徒との距離が近く、職員室前のラウンジは吹き抜けになっており、話しやすい環境がある。また、担任と生徒との1対1の面接週間というのもある。