シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

世田谷学園中学校

2019年10月掲載

世田谷学園中学校の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.教師があまり口を出さず、生徒主体で物事を築き上げていくスタイルが特徴

インタビュー3/3

世田谷学園には素直な子が多い

今の生徒は以前と比べてどうですか?

古澤先生 世田谷学園に入ってくる子はすごく素直な子が多いですよ。こちらが何かをいうとその通りにやってくれるんです。それは少し物足りなくも感じます。それと、いろんなことの経験が理科に限らず少ないという感じを受けます。失敗しないように過ごしてきた印象があります。

ですから指導方法をきちんと考えないといけません。誘導してしまうとその通りにしてしまいますので、ほとんど口を出さず、教員がべったりついてやることもあまりありません。その辺はうまくハンドリングしながらですね、心配はありますが(笑)。

秋元先生 獅子児祭(学園祭)は基本的には実行委員や生徒会が中心となってやってくれます。体育祭も生徒たちで「こういうのがやってみたい」「じゃあやってみよう」という形で進んでいきます。教員に対し体育祭実行委員長の方から、「ミスがあってもなるべく口を出さないようにしてください」と言われましたし、子どもが自分たちで築き上げたものの方が面白いものもできますしね。

世田谷学園中学校/授業風景

世田谷学園中学校/授業風景

親も子どもと一緒に不思議なことを意識できるようになるのがベスト

世田谷学園に入りたいと思う子どもが入学前にやっておいたほうがよいことなどあれば教えてください。

古澤先生 最初に述べたことにつながりますが、自分の身近なことの中で不思議なことは多々あります。そのことを親や周りの人が意識できるようになると子どもも気付くようになります。受験の技術的なものは別として、学習全体の中で自分の興味あることを見ていく際に子どもは周りの雰囲気に影響されていく傾向がありますので、家族の中にモノを見るモノサシがあるといいかもしれません。

たとえばキャンプだと、キャンプの技術的なところに目が行きがちです。「キャンプって何なのか?」「どうやって楽しむんだ?」というところがまずわからないと、道具などにフォーカスしてしまいます。その辺はつねに周りが意識していかないと伝わっていかないと思いますね。

では最後に、受験生にメッセージをお願いいたします。

秋元先生 世田谷学園は理科に力を入れています。理科棟もありいろんな展示を行って本物を見せたり、様々な体験をさせたりしていますので、理数に興味がある子にはぜひ受験していただきたいと思います。

世田谷学園中学校/物理実験室

世田谷学園中学校/物理実験室

インタビュー3/3

世田谷学園中学校
世田谷学園中学校学園の理念である“Think&Share”は、お釈迦様の「天上天下唯我独尊」に基づく。「Think」は知的好奇心をもって思索する力を極限まで深め、自己の確立をはかること、「Share」は人の意見に耳を傾け、助け合う心を育てること。仏教の精神に立脚し、生徒に人間として生きることの尊さを自覚させ、国際的視野に立って、積極的に行動できる人間形成を目指している。
1592(文禄元)年創始の曹洞宗吉祥寺の学寮“旃檀林”が前身。1902(明治35)年曹洞宗第一中学林と改称。1947(昭和22)年、世田谷中学校開設。1983年、現校名に改称。積極的な国際交流を推進するとともに、1995(平成8)年には高校募集を停止し(スポーツ推薦を除く)、1998年完全中高一貫体制を固める。2001年に創立100周年を迎えた。駒澤大学は系列校。
都内校のなかでは校地は比較的広く、放光館(理科実験室や講義室、音楽室)や修道館(総合体育館)、三心館(食堂)、グラウンドなど施設も充実。修道館には柔・剣道場、温水プールなどが完備されている。2001年、創立100周年を記念して建設された新校舎には、学園が誇る禅堂や、図書館・コンピュータルームなどもある。
世田谷学園では、2021年度から「本科コース」「理数コース」の2コースを募集している。本科コースは、じっくりと幅広く学び、高校2年次に文理選択をする。理数コースは、中学入学段階から理系学部進学を決めている生徒を対象に、理系プログラムを充実させたコースである。カリキュラムでは中1・2を前期、中3・高1を中期、高2・3を後期と位置づけ、効率的な先取り教育を行っている。本科コースでは、中3から学年ごとに特進クラスが1クラス設けられ、進級時に入れ替えが行われる。夏期集中講習、放課後のステップアップ講習も実施。毎年、難関大学へ多数の合格者を出し、現役合格率も高い。
クラブ活動は盛んで、なかでも空手道部は全国大会で数多くの優勝経験をもつ。硬式野球部も甲子園出場経験がある。活躍は運動部だけにとどまらず、吹奏楽部はアンサンブルコンテストで全国大会の金賞を受賞したこともある。
国際交流にも力を入れ、希望者は中学2年でシンガポール研修、高校1年では全員参加のカナダ研修が行われる。また、希望者は選抜で3ヵ月のニュージーランド派遣留学がある。
12月には有志の生徒たちが約1週間の早朝坐禅を行い、仏教・禅の心にも触れる。