シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

清泉女学院中学校

2019年06月掲載

清泉女学院中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.2次元と3次元を思考で自由に行き来する

インタビュー1/3

言語情報から想像したことを地図に落とし込む

瀧先生 小説の読解力は、文章という2次元の情報から、シーンを正しく想像して3次元に変換する力が求められます。「正しく」というのは、自分勝手に飛躍しすぎた解釈をしないこと。入試では、文中の内容を正確に読み取り、内容に基づいて無理のない範囲で、過剰なつけ足しなく想像できるかどうかを見ます。
情報を2次元から3次元に変換したのち、3次元から2次元に変換する力を試したのが問2です。文章を読んで、思い浮かべたバレエ教室までの道のりを平面の地図に落とし込みます。
結果的に、社会科教科の要素を含む問題になりましたが、2次元から3次元へ、3次元から2次元へ、異なる次元の頭の使い方を連続的にできるかどうかを試しました。

広報部長・国語科/瀧 康秀先生

広報部長・国語科/瀧 康秀先生

習っていない地図記号でも消去法で正解にたどり着く

問1の(A)の銀行の位置は、問2のバレエ教室の位置を考えるヒントになりますね。

瀧先生 はい。問1は問2の導入のつもりで出題しました。
銀行の地図記号は小学校では習いませんが、他の4つはすべて習っていますから、消去法で正解にたどり着けると思いました。

国語の問題に地図が出てきて、受験生はびっくりしたのではないでしょうか。

瀧先生 そうかもしれませんね。簡単だろうと思ったのですが、それは大人の感覚だったようです。
問1の正答率は51%でした。もう少しできるかなと思っていました。知っている記号を選ぶのではなく、消去法で残った知らない記号を選ぶことに戸惑ったのかもしれません。

言語情報から非言語情報の地図記号へ変換する

瀧先生 問2の正答率は35%でした。(d)と答えた受験生が多かったですね。

文中に「やがて左手に目指すビルが見えてくる」とありますから、(b)か(d)に絞られます。

瀧先生 バレエ教室があるのは「三条通室町西入る衣棚町」ですが、地図にあるのは「衣棚町」ではなく「衣棚通」です。大人なら「衣棚町があるのは、衣棚通沿いだろう」と推測しますが、小学生には難しかったようです。
「西入る」という京都独特の住所表記は初めて見たかもしれませんが、このルールを知らなくてもわかるように作ったつもりです。

文中の表現から、このときの登場人物の心情を読み解く選択問題のように、どちらも言語情報を扱う問題はよくあります。ところが問2は、地図という非言語情報に変換(抽象化)しなければなりません。

瀧先生 このようにタイプの異なる情報に変換する場合、タイプが同じ情報同士とは別の頭の使い方が求められます。この問題はそうした柔軟な頭の使い方ができるようになろう、というメッセージでもあります。

清泉女学院中学校 講堂2階ロビー ステンドグラス

清泉女学院中学校 講堂2階ロビー ステンドグラス

答えは必ずしも下線部の近くにあるわけではない

受験生は、町名が書かれた最初の段落から答えを探そうとしたのではないでしょうか。

瀧先生 その情報だけで答えられそうな気がしますよね。でも、もう少し読まないと正解にたどり着けません。下線部の周りだけでなく、全体を読みましょう。
小説の場面を想像しながら読んでいる子どもは案外少ないかもしれません。小説を読むなら、主人公になったつもりで頭の中で“街歩き”をするように読んでほしいですね。

清泉女学院中学校

清泉女学院中学校

インタビュー1/3

清泉女学院中学校
清泉女学院中学校1877(明治10)年に創立の聖心侍女修道会(本部はローマ、世界20数カ国に68の学校を経営)により、1938年、前身の清泉寮学院創立。47年に横須賀に中学、翌年高校を設立。56年、中高を統合。63年に現在地に移転し、98(平成10)年に創立50周年を迎えた。進学率のよさから「鎌倉一の女学校」の座を堅持している。
大船駅西側の丘陵地帯、栄光学園と谷ひとつ隔てた玉縄城跡に位置する。緑の芝生が美しい7万m2もある敷地には、観覧席がある体育館、2面の広いグラウンド、コンピュータ室、憩いのスペースのラ・フェンテなどがあり、充実した施設・設備を完備。02年には修道院を改修した新校舎ラファエラ館が完成、美術室や音楽室、少人数授業対応の教室など設備が一新された。
「神のみ前に、清く、正しく、愛深く」をモットーに、社会の変革に貢献する人材の育成を目指している。利益や結果よりも目に見えない精神的価値を大切に考え、祈りをとおした情操教育を熱心に行う。ほかのカトリック校に比べると、「校則」や校内の雰囲気は驚くほど自由だが、「社会奉仕活動」などへの参加は他校より相当強力に推進されている。
完全中高一貫を生かして、独自のカリキュラム。大学受験を強く意識し、英語は海外出版社の教材を多く活用し、中1から1クラス2分割の少人数制授業を実施。数学は中2後期で習熟度別授業となる。理科は実験・観察が重視され、社会では新聞・ビデオなど現実感のある教材を活用している。どの教科もレポート重視。その集大成で「中3論文」はレベルが高い。高2から文系・理系の2コース選択制になる。理系に数学演習などを設置したり、文系のための国公立大学向けの授業(選択)を追加したりと、大学受験対策がより充実しさらなる飛躍を目指している。医学部系にも強い。
入学後、5月に箱根で1泊2日のオリエンテーションキャンプが行われ、清泉と友人への親しみを養う。中2の夏休みの錬成会、理科校外学習、体育祭、合唱祭、クリスマスミサなどの行事がある。清泉祭(文化祭)は2014年度は春と秋に開催、2015年度からは秋開催へと移行する。ボランティア活動も盛んで、さまざまな福祉活動に参加。23あるクラブは参加率90%以上。なかでも、音楽部と演劇部は全国大会で高く評価されるレベル。音楽部は2013年に第1回 European Choir Games Austrian Open Competition(ヨーロピアン クワイア ゲームス オーストリアン オープン コンペティション)にて総合グランプリ(全団体中1位)を受賞。
2019年5月、ラトビア共和国の首都リガで開催された、RIGA SINGS(1st International Choir Competition & Imants Kokars Choral Award)に、日本から清泉女学院音楽部のみが招待され、ユース部門・宗教曲部門・フォークロア(民族音楽)部門の3カテゴリーでステージに立ち、全部門で部門優勝(1位)を受賞した。部門優勝団体が参加できるグランドコンペティションでは、8団体中1位を獲得し、総合グランプリに輝いた。