シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

麗澤中学校

2019年05月掲載

麗澤中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.試行錯誤して問題の突破口を見つけよう

インタビュー2/3

思考力を問う問題は自分の土俵に持ち込んで考える

室谷先生 算数の入試問題は大問5題の構成です。大問1の計算問題は、計算を工夫したり規則性を読み取れば計算が簡単になります。大問2の小問集合も基本問題が中心です。
大問3~5は文章題、図形、整数の問題を中心に思考力を問います。図形問題は条件下で図形がどうなるかイメージする力も意識しています。
どの問題もリード文・設問文をしっかり読み、設問の要求に応える力を求めています。問題を解く際は自分で難しくしてしまわないこと、自分の土俵に持ち込んで考えることです。文章量が多いなら、その内容を要約したり図式化したりしてみましょう。整理してみると自分が持っている知識と結びつくはずです。

麗澤中学校 食堂「けやき」

麗澤中学校 食堂「けやき」

理由を説明できてこそ「補助線」の意味がある

室谷先生 問題を解く突破口を見つけるには、何かしら手を動かすことです。問題をじっと見つめて頭の中で考えても、なかなか思いつけるものではありません。
例えば小学校の図形問題は補助線が引けるかどうかが解答を左右します。「思い浮かばない」という前に、何かしら線を引いてみると意外と見えてくるものです。
加えて、その補助線を引いた理由も説明できることが大切です。補助線は、自分が知っている簡単な図形に持ち込むために引いたはずです。「二等辺三角形が作れるから」「直角三角形が見えるから」という理由が伴わない線は、補助線とは言えません。

始めの成功体験で数学嫌いを回避

室谷先生 一口に「数学嫌い」といっても、考えるのは苦にならないけれど計算が苦手、計算は自信があるけれど考えるのが億劫だ、両方ともイヤなど、さまざまです。
私は現高2を中1から持ち上がりで教えています。数学嫌いをなくそうと、中1のときは宿題の量を減らして丁寧に添削し、提出の当日に返却しました。計算ミスが多い生徒には「こうすればできるよ」と添削、次第にミスが減りました。
正解できれば問題を解くのが楽しくなります。「宿題以上にやってもいいですか」とやる気になった生徒もいます。つくづく始めの成功体験が大切だと感じました。

麗澤中学校 コモンホール掲示物

麗澤中学校 コモンホール掲示物

計算ミスは自分が否定されたわけではない

計算ミスをすると、子どもは自分が否定されたように思ってしまうようです。

室谷先生 決してそうではないのですが、「自分はダメだ…」と思い込んでいるように思います。教える側もミスを指摘して萎縮させないようにしなければなりません。

「わからない」よりも「できる・できない」でつまずいている子どもが多いように思います。

室谷先生 できないからダメ、ダメだから嫌い、というように、自分から嫌いにならないでほしいですね。ネガティブ思考に陥らないように、「できていないわけでも、わかっていないわけでもないよ」「もうちょっとでできるから」と安心させる声がけをします。生徒の心に響くまで、継続するしかありません。
数学が好きでいられるのは、間違えても気にしない前向きな生徒ではないでしょうか。間違えても、同じ間違いを繰り返さなければいいのです。そうならないようにするにはどうすればいいか考えることが大事です。

時間がかかっても本質の理解を重視する

この問題は算数の本質に踏み込むだけに、貴校の強い思いが感じられます。普段から数学の本質に迫るような授業をされているのですか。

室谷先生 「時間がかかってもいいから本質的なことをしっかり理解してもらおう」というのが数学科のスタンスです。授業は単に公式を解説するだけでなく、公式の成り立ちにも踏み込み、歴史的な背景なども紹介します。必要なら大学の内容を取り上げることもあります。
さらに、数式を言語化できるところまで消化できるよう、生徒には「数式を言葉で説明しよう」と繰り返し働きかけています。数学が得意な生徒は数式だけの解答でも納得できますが、苦手は生徒にとっては“暗号”の羅列でしかありません。ひと言添えるだけでも理解できるようになる生徒は増えます。

麗澤中学校 メディアセンター掲示物

麗澤中学校 メディアセンター掲示物

インタビュー2/3

麗澤中学校
麗澤中学校1935(昭和10)年、法学博士の廣池千九郎により、現在の麗澤大学の前身・道徳科学専攻塾が開校。2002(平成14)年に麗澤中学校が新設され、同じキャンパスに大学・高校・中学校・幼稚園がそろう総合学園となった。
創立者が学問的に体系づけたモラロジーに基づく「知徳一体」を教育理念とし、「感謝の心」「思いやりの心」「自立の心」を育てることを教育方針に掲げる。
麗澤教育のシャワーを浴びて巣立った卒業生たちは、様々な領域で活躍の場を広げている。6年間を「自分自身をみつめ、発見する」「興味・関心を深め、進路につなげる」「進路を選択し、道を拓き夢を実現する」の3段階に分け、それぞれリサーチ、実践体験、情報処理、再構築、そして成果をプレゼンテーションする作業を基礎から学ぶ。
とりわけ、2003年から始まった「言語技術教育」は、全ての学問領域で必要となる「聴く・話す・読む・書く」を総合的に鍛える麗澤ならではの教育。中高一貫カリキュラムの1年から4年次を通して、グローバル社会で通用するものの考え方、そして、自らの考えを主張できる発信力を研鑽していく。
「よりよく学ぶためには自然の中で心を癒すことが必要」という創立者の信念に基づき、47万平方メートルの広大な校地は緑豊かで自然がいっぱい。グラウンド3つ、体育館2つ、テニスコート6面、ラグビー場(人工芝)、武道館、寮(高校のみ)、メディアセンターや9Hのゴルフコースなど施設は申し分なし。