シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

麗澤中学校

2019年05月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

麗澤中学校の数学科が求めているチカラとは?

麗澤中学校/先生
1解答のプロセスを言語化するチカラ

算数が得意でも説明は数式だけ、自分の言葉で説明するのは苦手なお子さんもいるでしょう。
けれど、東大をはじめ大学の入試問題を見ると、解答に至るプロセスを論理的かつ簡潔に表現する力が求められています。数式よりむしろ文章記述が多いのです。
入学後、自分の考えを他者に説明する力を養うにあたり、自分の言葉で表現しようとするお子さんに入学してもらいたいと思い、この問題のような文章題を出題しています。

2設問文を読んで条件を正確につかむチカラ

この問題は、「通分して分母をそろえて、分子どうしを足す」と説明できれば正解です。数式なし、文章だけの説明で構いません。
「初めて」という条件を見逃すと「通分」を省略してしまいます。この問題は設問文をきちんと読み取る力も求めています。設問文が短いからこそしっかり読んで、設問の要求に応えましょう。

3当たり前の「本質」に踏み込むチカラ

この問題を含む大問で本当に聞きたかったのは、「分数とは何か」です。計算に慣れると「計算できればそれでよし」と思うようになり、どうしてその計算が成り立つのか、「本質」が置き去りにされがちです。
異なる分数を足し算するとき、通分する理由を説明するには、「分数とは何か」という本質に立ち戻らなければなりません。他者がわかるように説明できるお子さんは、「わかったつもり」にならず、本質までしっかり理解できているとわかります。