シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

品川女子学院中等部

2019年04月掲載

品川女子学院中等部の理科におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.定性・定量の違いをリード文から読み解く

インタビュー1/3

「定量的」という新しい考え方と出会う問題

石渡先生 自然科学には「分類化」や「法則化」などいろいろな側面があります。その1つが「定量化」です。
この問題のあとに光の強さと光合成の関係を定量的に考える問題が続きます。その前に、そもそもなぜ定性・定量を学ぶのかを押さえてもらおうとこの問題を作りました。
高校生物基礎の光合成の単元も定性・定量の話から入り、この2つのもののとらえ方を押さえます。例えば、飲食店の口コミ評価は、星の数が定量、コメントが定性を表すと説明すると、生徒は「両方大事なんだ」と気づきます。

受験勉強の中で定性・定量に触れていると思いますが、その意識はなかったと思います。この問題をきっかけに、「これは定量の意味だ」と意識できるようになったのではないでしょうか。

石渡先生 受験生には入試問題から何かをインプットしてもらえたらと思って問題づくりをしています。

理科/石渡 崇嗣先生

理科/石渡 崇嗣先生

生物でも数値を当たり前に扱う

石渡先生 小学校の生物は化学や物理のように数値をあまり扱いません。中学・高校でもその傾向が続きます。だからこそ、自然科学としての生物の定量的な考え方を大切にしたいのです。
生物は理科の中でも暗記科目と思われがちです。問題に数値があると生徒は「計算問題だ!」と身構えますが、それは四則演算レベルです。暗記科目という頭があるため数値に過敏になっていると感じます。生物でも当たり前に数値を扱えるように、定期試験で出題したり、授業でもできるだけ取り上げるようにしています。

「4科目」という具体的な数字につられてしまった

石渡先生 この問題は、リード文を読んで定性・定量の意味を読み取る力を試しています。中学・高校になると、一段と読解力が必要になりますから、中学入試でも意識して出題しています。

この問題の出来具合はいかがでしたか。

石渡先生 正答率はまずまず答えてくれるだろうという予想の範囲内でした。
正解の(ウ)と(エ)は外さず選んでいました。間違えるなら(オ)だろうと思っていましたが、その通りでした。「4科目」という具体的な数字につられたのでしょう。一方、(イ)の「1番」という数字表現には引っかかりませんでした。

品川女子学院中等部 校舎

品川女子学院中等部 校舎

定量的な目標の立て方を日常生活に応用する

この問題を通して、受験生は定性的・定量的の考え方が理科の学習に限らず、普段の生活に応用できると気づいたのではないでしょうか。

石渡先生 この問題の選択肢は「勉強するときの目標」です。
本校は年4回、定期試験後の面談で、次の定期試験に向けた目標を立ててもらいます。どの教材を使い、どれだけの量を、どれくらいの頻度でなど、「どのように」がんばるかを具体的に考えます。始めは「英語をがんばる」といった定性的な目標が多く、立て直しさせることもしばしばですが、中3になると漠然とした目標はなくなります。
目標を具体化・数値化するとやるべきことがはっきりしますし、達成度の振り返りもしやすく、次のアクションにも活かせます。

また、定量的な考え方は学校生活にも応用しています。例えば生徒会では、「前回の反省を活かすことができた」ではなく、「前回の○個の反省点のうち、今回は●個改善できた」というように、定量的な目標を立てることで、みんなで共有できる振り返りができています。

学習プロセスを“見える化”して失敗を次に活かす

石渡先生 最近は定期試験の2週間前から勉強時間の記録も行っています。
学習計画表はとかく計画倒れになりがちなので、「やること(予定)」だけではなく「やったこと(実績)」を記録して振り返りに用います。「○月○日、数学の2次関数、問題集10ページ、21時~22時」というように、具体化、数値化して“見える化”します。
「やっていたつもり」でも、記録を取ると印象とギャップがあることも少なくありません。目標に達しなかった科目は学習記録をチェックして、勉強時間が少なければ増やすようにします。定期試験の点数や順位(結果)と学習記録(過程)を照らし合わせることで、次の対策が立てやすくなっています。

品川女子学院中等部 校歌

品川女子学院中等部 校歌

インタビュー1/3

品川女子学院中等部
品川女子学院中等部1925(大正14)年に荏原女子技芸伝習所が開設。戦後、品川中学校・高等学校となる。1990(平成2)年には制服を新しくし、1991年に現校名に。2004年には高校募集を停止し、完全中高一貫体制に移行。受験にも十分対応できるシステムで学力の向上をはかる。創立100周年を迎える2025年には新校舎が完成する。
新校舎は学年ごとにフロアを分けており、廊下が広く、さまざまな活動ができる。
「世界をこころに、能動的に人生を創る日本女性の教養を高め、才能を伸ばし、夢を育てます」というミッションのもと、社会の問題を発見し、多様な人を巻き込みながら解決に向けて一歩踏み出す「起業マインド」を育てる。そして、「28歳になった時に社会で活躍できる女性を育てる」という「28プロジェクト」に取り組んでいる。総合学習での企業訪問や起業体験は、学習への動機付けともなっている。平日の補習・講習と年4回の担任面談で、きめ細かい進路指導をおこなっている。
コミュニケーション能力の育成や、国際社会で活躍するための基礎となる英語能力の育成に力を入れ、英検指導もおこなう。完全中高一貫体制で、独自のシラバスに沿って高2までに無理なく大学進学に対応できる学力を身につけ、高3で進路に応じた選択科目や演習によって実践的学力を養成する。中学では基礎力を鍛えるため、補習や講習もきめ細かい。高校生は20:00まで学校で自習が可能。
国際化教育プログラムも充実しており、海外留学生のうけ入れ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドの姉妹校への留学、中3の修学旅行(ニュージーランド)などで「生きた英語」「異文化」を学ぶ。宿泊行事、合唱祭、文化祭、体育祭、芸術鑑賞、校外学習など行事も多種多彩。茶道・華道・着付けの指導もある。クラブは38あり、バトン、ダンス、吹奏楽部などが部員が多い。利用者の多い図書館の蔵書は42,000冊。