シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

フェリス女学院中学校

2019年04月掲載

フェリス女学院中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.文章を正しく読んできちんと理解すること。それは他者理解にも通じる大切な力

インタビュー1/2

深みのある文章を選んだ

出題意図からお話しください。

先生 本校の国語科が大切にしているのは、文章を正しく読んできちんと理解するということです。この問題も、岡田暁生という人の文章をただ単に情報としてインプットするだけでなく、しっかり咀嚼し、そこに書かれている複数の情報をもとに主体的な考えを作って、それを自分の言葉で表現する力を問うています。

問題文には大人同士でも話題にできるような、読み応えのある文章が多いと思いますが、素材選びで意識されていることを教えてください。

先生 入試とはいえ受験生に読んでもらう文章なので、深みのある文章を選ばなければいけないと思っています。深みのある文章とは、読むだけでなく考えなければ理解できない文章という意味です。現在進行中の高大接続改革でも正解が一つではない、あるいは正解のない課題に立ち向かう力が求められています。それともつながりますが、読めば一つの方向性が見える文章ではなくて、考えなければ方向性が見えてこない文章を選ぶようにしています。
ただ、特定の傾向の文章を出題しているわけではありません。受験生には広くいろいろな本を読んで欲しいと思っています。

選択問題の選択肢も、読んだだけでは選べないくらい精密に作られていますよね。

先生 問題を作るということは、こちらがその文章をどう読んでいるかということを問われているのと同じです。作家の野上弥生子さんがインタビューされた際に、アナウンサーにこう言いました。「あなたね、質問するということは答えるということなのよ」と。つまり質問そのものに質問する側の思想や考え方などが表明されるので、我々もそこに緊張感を持たなければいけないと思っています。

フェリス女学院中学校 校舎

フェリス女学院中学校 校舎

新鮮な感性を大切にしたい

今回の問題文では筆者の意見が新鮮でした。子どもたちも良い点、悪い点を考えたことがなかったのではないでしょうか。

先生 問題文の中に着信メロディの話が出てきます。音楽を中断することへのためらいというのが、すごく新鮮な視点だったのではないかと思います。
ただ、作者の主張を探るよりも、自分がこの文章から何を読み取ったのかが大切です。もちろん作者の意図は大切で、そこから離れて読むことはできませんが、それに縛られてしまってはおもしろくありません。最近の文学受容理論は「作者の意図が絶対なのではなくて、読者が意味を持ち寄ることのほうが大切だ」とされています。その通りであり、我々は新鮮な感性を大切にしたいと思っています。

問いたかったのは多角的な見方ができるかということ

なぜ、良い点、悪い点を聞いたのですか。

先生 複数の視点を持つ(偏らない見方をする)ということがとても大切だからです。自分が良いと思うものだけでなく、他人が良いと思うものも受け入れた上で、自分の意見を持つということです。大学入学共通テストのプレテストの国語の問題にも記述問題が出てきますが、必要とされているのは雑多な情報の中から取捨選択をして、複数の情報を統合する力です。

フェリス女学院中学校 登校風景

フェリス女学院中学校 登校風景

対話を理解できる力を身につけよう

先生 良い点、悪い点をあげるということは、どれだけ他人の立場に立てるかということにつながるのではないかと思います。ディベートでもディスカッションでも、相手の主張を理解できなければ単なる言葉の応酬になってしまいます。どれだけその人を理解できるかということは、どれだけその人の立場に立てるかということ。こじつけかもしれませんが、本校の理念「For Others」はそういうことだと思うのです。

今はセンター試験をはじめさまざまな試験で対話の問題が出題されます。今年の京都大学の入試問題でも大岡信と谷川俊太郎の対話の一部が問題文に出題されました。対話は片方だけの理解では成り立ちません。Aさん、Bさん、両方の主張を理解できなければ対話を理解できないのです。つまり普段の生活の中でも人の話をよく聞いて、多角的なものの見方ができる。そういう力を養うことが、高大接続改革の中でも必要になるのではないかと思います。

考えているかどうかが採点基準の1つ

採点の基準を教えてください。

先生 詳しいことはお話しできませんが、1つ言えることは、自分の頭で考えているかどうかです。いろいろな要素があると思いますが、きちんと考えていれば文章に表れると思います。

耳から情報を得られる時代です。自分で考えなくても文章を書けてしまうので、小学生を教えていて、ここ10年くらい真摯に文章を書く子が減っているように思うのですが。

先生 それは世の中全体の傾向だと思います。他校の先生方からも同じようなことを聞きます。自分で考えなくても、いろいろなところから言葉を取って来てパッチワークのようにつなぎ合わせれば文章を書けてしまうので、小・中学生に限らず、大学の卒論や学会などの研究発表にも「あなたの主張は?」と聞きたくなる論文が増えています。

フェリス女学院中学校 礼拝

フェリス女学院中学校 礼拝

インタビュー1/2

フェリス女学院中学校
フェリス女学院中学校フェリス女学院の教育理念“For Others”は、誰か特定の人によって提案されたものではなく、関東大震災後に、誰が言い出すともなくキャンパスに自ずとかもし出され、フェリス女学院のモットーとして自然に定着したものだということです。フェリス女学院では、“For Others”という聖書の教えのもと、「キリスト教信仰」・「学問の尊重」・「まことの自由の追求」を大切にしています。そして、生徒一人ひとりが、6年間の一貫教育を通して、しなやかな心を育み、つねに与えることができる、“For Others”の精神を持った者へと成長することをめざしています。校章には、盾に創設時の校名Ferris SeminaryのFとSの二文字がデザインされています。盾は外部の嵐から守る信仰の力を表し(「エフェソの信徒への手紙」6章16節)、白・黄・赤の三色は信仰、希望、愛(「コリントの信徒への手紙一」13章13節)を表しています。
外国人墓地や歴史的な建造物の多い異国情緒あふれる地域にある、落ち着いた雰囲気の学校です。創立者メアリー・E・ギターがこの地に開学して以来の歴史が、校舎を包む木々などから感じられます。2000年の創立130周年において新校舎建築となり、2014年には新体育館、2015年夏には新2号館が完成しました。中高の図書館には、図書・視聴覚資料・雑誌・新聞などの94,000点を超える資料があります。授業の課題制作や調べものや自習のほか、昼休みや放課後にも多くの生徒が利用しています。書庫は開架式で、図書を手に取って自由に選ぶことができます。
クラブ活動がたいへん盛んで、同好会、有志も合わせると約60近い団体が活動しています。中学生では、ほぼ100%の生徒がクラブに参加しています。ほとんどのクラブが中1から高2まで一緒になって活動し、同学年だけでなく、先輩・後輩という他学年との人間関係が築かれています。中3からは、クラブ以外でも、気のあった仲間同士で同好会や有志を結成して文化祭に参加するなどの活動もあります。