シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

実践女子学園中学校

2019年02月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

実践女子学園中学校の理科が求めているチカラとは?

実践女子学園中学校/先生
1昆虫など身近な自然に興味関心をもって探究するチカラ

昆虫は中学入試によく出る単元ですが、虫嫌いなお子さんは興味を持ちにくいでしょう。「農業」という違った角度からとらえることで、昆虫に少しでも興味を持ってもらえたらと思い、この問題を作りました。
自然現象に興味関心のある・なしで解答状況に差が出ます。興味関心が高い受験生は、初見の事柄でも怖がらずにリード文を読み、問題に取り組んでいるように思います。

2覚えた知識や与えられた情報から推察するチカラ

問1は、「花粉を運ぶ昆虫がいる」という知識と関連づけることができていました。「ミツバチが花粉を集める」「受粉の効率を上げる」、この2つを押さえていれば満点です。
問2は、「天敵がアブラムシを食べる」こと、さらに「他の虫や作物に影響を与えない」ことの両方が書けていれば満点になります。両方とも書けていた答案が思いのほか多くありました。具体的に「テントウムシ」を挙げた受験生も多く、アブラムシとの関係を引き出すことができていました。

3基礎知識をしっかり身につけるチカラ

この問題のように、入試では持っている知識を総動員して答えを導き出す力を問いたいと思っています。そのためにも基礎・基本となる知識を確実に身につけましょう。積み重ねた確かな知識と、自然現象への興味関心があれば、問2のように自分の意見を求められても発想力を発揮できるだろうと思います。