シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

昭和女子大学附属昭和中学校

2018年08月掲載

昭和女子大学附属昭和中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.知識で解くのではなく、その場で考えて解く力をつけよう!

インタビュー1/3

実生活に即したいい問題ができた

今村先生 問題作りには毎年悩まされます。問題作成の部屋で頭を無にしていたら、ふとポスターが目に留まりました。海外研修旅行のスナップ写真が載っていて「何人で行ったのかな」と思った時にひらめいたのがこの問題です。知っているからできるとか、公式を当てはめればできるとか、そういうアルゴリズム的な問題ではなく、受験生が問題を見てその場でどうしようかと考える問題を作りたいと思っていました。この問題はそんなに難しい問題ではありませんが、しっかり考えてもらいたいと思い、最後の問題としました。

部屋の中で写真を見ていてひらめいた、というのがいいですよね。

今村先生 日頃から問題になりそうな題材を探していて、学校の外で気づくパターンが多いのですが、今回は自分でも「下りてきた」と思いました(笑)。

入試問題として人数が絶妙だなと思いました。多すぎると解きたくないレベルになってしまいますし、少なすぎると簡単になってしまいますからね。

今村先生 問題作りで難しいのは難易度が高くなってしまうことです。受験生が問題を見た時に、考えてみようかなと思ってもらえるレベルにしなければいけません。さらにきちんと条件を書き出せば答えにたどりつける問題を作るのは意外と難しいです。もう少し多い人数から始めて条件を整えていった時に、このくらいの人数がちょうどいいなと思いました。実際にスナップ写真を撮る時も、3、4人で撮るというのはよくあることですからね。できるだけ実生活に即したものにするというのも、問題を作る時に心がけていることです。今回は久しぶりに「いい問題ができた」と思える問題を作ることができました。

数学科科長/今村 量生先生

数学科科長/今村 量生先生

図示せず、式を立てた誤答が目立った

受験生は解答欄にどのようなことを書いていましたか。

今村先生 写真1枚目 ○○○、2枚目○○○○というように、図で書いてあるものが多かったです。こちらの意図通りでした。

おもしろい解き方をしていた受験生はいましたか。

今村先生 自分がAさんだとしたら3枚に写ります。Bさん、Cさんは2枚だからどこに入るのかなと、とりあえず書いてみて、残りが1人ずつだということがわかれば、3人+6人で9人となるのですが、3パターンあるのでそれをどう見るかがこの問題のポイントでした。

違う写り方をしても答えは一緒になるんですよね。

今村先生 答えが一緒になることが見えた子は正解しています。誤答としては、(問題に出て来る数字)3と4と6を足して13と書いている子が多かったです。それ以上に、(複数の写真に写っている)1人と2人を足して、単純に13から3を引いて10と書いている子も目立ちました。式だけで重なりに気づいた子はいませんでした。正解率は38.8%でした。

狙い通りでしたか。

今村先生 そうですね。図示して考えればできると思ったので、5割いくかどうかに注目していました。可能性としては3~4割かなと思っていたので、ほぼイメージ通りでした。

答えだけでも○(正解)ですか。

今村先生 採点としては○ですが、本校を受けてくれる子はなにかしら書いてくれます。それが入学してから生きると思っています。

図示する問題ではなくても図示するべし

頭で考えると難しい問題です。日能研でも日頃から「手を動かして考えなさい」と言っているのでいい問題だと思いました。

今村先生 こういう情報処理は頭の中だと難しいですが、書けばなんてことないんですよね。

小西先生 この問題を解いた時に「これでいいのかな」と思いました。一瞬、正しいという確信がもてませんでした。

今村先生 3枚中2枚に写っている人が2人います。この2人目に3通りの組み合わせがあるので、小西先生が言われたような現象が起こるのですが、実はすべて(3通りとも)同じことなんだということに気づけば確信がもてます。自分ではそこがこの問題の好きなところです。

たしかに、答えらしきものが出た段階から、さらに考えられるところがいいですね。

今村先生 1つの答えに、苦労しながら理詰めでたどりつくのもおもしろいですが、何通りか方法があって、実はどの方法でもその答えにたどりつくというのが、自分の中では(数学の)おもしろさだと思っています。
この問題では、数字だけを追うとできないが○を書くとできる。それは傾向として明らかでした。僕は、中学時代の塾の先生から「図示する問題ではなくても図示する」ということをたたき込まれました。それが考え方の根底にあるので、こういう問題がおもしろいなと思うのです。

昭和女子大学附属昭和中学校/昭和ボストン校舎模型

昭和女子大学附属昭和中学校/昭和ボストン校舎模型

この問題の正解率は附属校の小学生が高かった

空欄はどのくらいありましたか。

今村先生 空欄はあまりなかったです。時間が足りないという様子は見られませんでしたが、(最後の問題ではなく)もう少し前に出していれば、正解率はもう少し上がったかもしれません。

4番が一番難しかったのではありませんか。

今村先生 長方形の折り返しの問題ですね。僕はこの手の問題が好きなんです。折ることにより位置が反転し、位置の認識能力がすごく試されるからです。今回は、2回折った時にどのような三角形ができるかという問題だったので、実際に紙を折っている子がたくさんいました。

今年度の入試で特徴的なことがあれば教えてください。

今村先生 今年までになりますが、附属校の小学生にも同じ問題を解いてもらっていました。他の問題の正解率は軒並み、外部の受験生のほうが高いのですが、この問題は外部の受験生の正解率が38.8%、初等部の生徒の正解率が42.0%でした。中学入試の定型パターンではないので、なんとかしようと思ったのか、逆転現象が起きています。

小西先生 国語はそんなに差がないのですが、算数はすごく差がつきます。でもこの問題は附属小の子のほうができたというのはおもしろいですね。こういう問題ができる子は、入学してから数学の力が伸びていくので楽しみです。

昭和女子大学附属昭和中学校/図書館

昭和女子大学附属昭和中学校/図書館

インタビュー1/3

昭和女子大学附属昭和中学校
昭和女子大学附属昭和中学校1920(大正9)年に人見圓吉が創設した、日本女子高等学院が前身。建学の精神である「世の光となろう」のもと、「清き気品、篤き至誠、高き識見」の言葉を掲げ、人格と能力を兼ね備えた、社会に貢献する人材の育成をめざしています。
都心に位置しながら、豊かな緑に恵まれた広々とした構内には、式典・講演会のみならず、外部の利用からも高い評価を得ている人見記念講堂、人工芝グラウンド、可動式スタンドを備えた新体育館、年間を通して利用できる温水プール、54万冊もの蔵書を有する大学図書館、日本文化の授業や音楽・国語の授業で使用される茶室があります。
昭和女子独自の中高一貫積み上げ教育を実践し、高2年で高校課程を修了。その後は、高校に籍を置いて併設大学で学ぶ「五修生制度」や、併設大学への被推薦権を得たまま他大学受験も可。併設大学への内部進学率は低下していて、2016年は30%でした。
週6日制で授業時間を確保し、多様な進路に対応できるカリキュラム”SHOWA NEXT”を展開。朝読書、3~4分間のスピーチを行う「感話」、個人研究の「私の研究」、クラス研究の「昭和祭研究」があります。また、中学校の生徒全員が3年間にわたって行う「ザ・ボストンミッション」は、中学1年~2年で準備研究、中学2年の終わりにアメリカキャンパス「昭和ボストン」で12日間の海外研修を経験。帰国後、その成果を英語で発表します。アメリカの歴史や文化を学びながら、現地の生徒とも交流し、国際感覚や英語運用能力を養っていきます。さらに、キャンパス内にあるブリティッシュ・スクールとの交流もあり、文化の違いを体験しながら、コミュニケーション力や協調性を養っていきます。
「ユネスコスクールプログラム」では、思考力・応用力・表現力を磨く取り組みが行われています。高校3年では、第2外国語(6カ国語)を選択することができます。
上級生と下級生が一緒に清掃や作業を行うことで、思いやりや協調性を育てる「朋友班活動」、企画から運営まですべて生徒たち自身で行う「感謝音楽祭」、中学1年~高校2年生が学年ごとに学校所有の宿泊施設で3泊4日の共同生活を送る「学寮研修」など、昭和ならではの独自の取り組みがあります。
木曜日の必修クラブのほかに、課外クラブ活動もあり、放送部が全国大会、水泳、書道、陸上部なども大活躍。珍しいドッジボールもあります。