シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

カリタス女子中学校

2018年06月掲載

カリタス女子中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.答案から受験生の読み方が見えてくる

インタビュー1/3

「五鳥」にあたるものを文中からすべて読み取る問題

水野先生 受験生はことわざや慣用句を一通り勉強していると思います。この問題は、「一石二鳥」の意味から、「一石五鳥」の「五鳥」が何を指すのか、文中から正しく読み取れるかどうか読解力を試しました。
始めは「一石」が何を指すかも答えてもらうつもりでした。けれど、「一石」でつまずくと「五鳥」の指摘が全滅してしまうので、こちらで提示することにしました。
また、五つの要素を一つの文章にまとめるのは、小学生には難しいと思いました。受験生が取り組みやすいように、解答欄は一つの要素につき一行、合計五行の枠を設けました。答えは箇条書きで構いません。

国語科/水野 文江先生

国語科/水野 文江先生

言葉の豊かさや表現の広がりをおもしろがろう

水野先生 「一石二鳥」をもじった「一石五鳥」という表現をおもしろがってほしいですね。一石五鳥の表現が可能なら、一石三鳥や一石四鳥という表現もできると察知できるといいですね。漢数字を用いることわざや慣用句は数字を変えて表現を工夫できます。言葉の豊かさや表現の広がりにも気づいてくれたらと思います。

「同じ内容の表現違い」を選んだ解答が多かった

受験生の解答状況はいかがでしたか。

水野先生 配点は一つにつき3点、合計15点です。平均が約10点、3分の2はできたので、まずまずだと思います。5問すべて正解できた受験生はいませんでしたが、満点は難しいだろうと思っていたので、それも含めて結果は概ね予想通りでした。

この問題の採点基準を教えていただけますか。

水野先生 一つのことを言い換えた答えは「一つ」とみなし、得点は一つ分の点数だけです。受験生の答案を見ると、解答欄が埋まっていなかったというわけではなく、五つ挙げたけれど満点に届かなかったのは内容が重複していたためです。
バイオ燃料の観点から「温暖化防止」と「農業振興」は押さえていましたが、「再生可能エネルギーとしての活用」では「温暖化防止」と重複します。文中によく出てくるキーワードの「バイオ燃料」に引っ張られたと思われます。
一石五鳥を含む段落に要素が並んで書いてあるので、文中からそのまま抜き出したのではないでしょうか。吟味せずそのまま書いて、同じ内容の違う表現をそれぞれカウントしたのだと思われます。
この問題のポイントは、まず文章を丁寧に、正確に読んで要素を抽出すること。それとともに、内容が重複していないかどうか、注意深く見直す必要があります。

カリタス女子中学校/中庭

カリタス女子中学校/中庭

答えは傍線部の近くにあるとは限らない

水野先生 また、生物多様性の観点から「絶滅危惧種を含む草原性生物の保全」は指摘できていたものの、「減りすぎ」の一方で「増えすぎ」についても、「野生動物の増加を防ぐ」点を挙げてほしいところです。前の段落で詳しく説明していた「飼料として活用する」という点も、見落とされていました。
一石五鳥を含む段落だけを見て、「ここだ!」と飛びついてしまったかもしれません。狭い視野で判断すると要素を見落としてしまいます。
他の問題にも言えることですが、受験生は傍線部の前後から見つけようとする、見つけたがる傾向が強いです。傍線部から遠いところに答えやヒントがある問題も出しますから、全体を丁寧に読むようにしましょう。

カリタス女子中学校/校内

カリタス女子中学校/校内

社会で起こっている問題を自分事としてとらえる

水野先生 この問題の文章は「生物多様性」について論じています。入試問題を通して、こうした社会的な問題に子どもたちの興味・関心を誘い、刺激を与えられるようでありたいと思っています。社会で起こっている問題を考える入口になるような文章を選ぶように心がけています。
国語科の学びは、社会で生き抜く力を育むためにあると考えています。社会に出て問題に直面したとき、状況を理解し、判断して、どうやって解決に向かえばいいか考えられる力を、中高6年間で鍛えていきたいと思っています。
学年が上がるにしたがい社会の諸問題に気づき、それを自分に引きつけて考えられるように、きっかけをつくることも国語科の使命の一つではないかと思います。最近は、社会の問題に目を留めて当事者意識を持てる生徒が増えてきていると感じます。

インタビュー1/3

カリタス女子中学校
カリタス女子中学校ラテン語で「愛」を意味するカリタス。カナダで、聖マルグリット・デュービルが創立したケベック・カリタス修道女会を母体に、1961(昭和36)年にカリタス女子中学・高校が創設された。62年に幼稚園、63年には小学校が創設されている。
多摩川沿いの閑静な住宅街にあり、緑にも恵まれた環境。2階建てアリーナ、人工芝の広いグラウンド、テニスコート、屋内プールなど、スポーツ施設も充実している。生徒に人気のある図書室は蔵書も豊富で明るくきれい。専用回線で常時インターネットに接続されているコンピュータ室も完備。聖堂や1200名収容の講堂もある。カフェテリアでは飲み物、パン・弁当を販売。06年4月に「教科センター方式」の校舎が完成した。
キリスト教の愛と真理の原理に基づく教育方針。祈る心、学ぶ心、交わりの心、奉仕の心の「4つの心」をもった人間を育成することを目指す。また、異なる文化を理解する力を育み、国際的なセンスを身につけるため、中1から英語とフランス語の2つの外国語を導入。
中1から古典学習や体系的な作文教育を行い、豊かな国語力を育成する。独自の教材も含めて進められる英・仏2つの外国語教育は密度の濃い内容。中1から2時間の授業が設けられた仏語は、高校で第一外国語として履修も可能で、大学入試にも対応する。英語は中学が週6時間のうちネイティブ教員によるオーラル1時間、さらに2016年度より始まった英語既習者クラスではネイティブ教員の時間が2時間ある。中1・中2の理科実験や、英・仏・数の授業は、1クラスを2つに分けたハーフクラスで行われる。補習は必要に応じて実施。高校2年から私立文系・国公立文系・理数の3コース制。大学受験に的を絞った意欲的なカリキュラムで、国公立大、難関私大に多数の合格者を輩出。現役進学率も着実に伸びている。
制服は「カリタスブルー」を基調としたスーツスタイル。放送を通じての「朝の祈り」で1日が始まり、全学年で聖書の心を学ぶ「カトリック倫理」の授業がある。奉仕活動を行うアンジェラスの会を中心に、教育里親の会、バザー、施設訪問など幅広いボランティア活動を展開。球技大会や体育祭、文化祭など学年を越えた交流があるほか、1月の外国語発表会は、学年ごとに劇、歌、スピーチなどで日ごろの語学学習の成果を発表する。中2で2泊3日のイングリッシュキャンプがあり、高1の希望者には、カナダ研修が実施されている。またターム留学やセブ島英語研修も参加者が増えている。高2の修学旅行は九州北部。クラブ活動は、運動部8、文化部14あり、中高合同で活動。