シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題意図

和洋九段女子中学校

2018年04月掲載

「こんなチカラを持った子どもに来てほしい」
「こんなチカラを持った子どもを育てたい」
私学のメッセージ(=アドミッション・ポリシー)はココにあった!

和洋九段女子中学校の国語科が求めているチカラとは?

和洋九段女子中学校/先生
1基礎的な知識

入試問題では、問題文を読み解き、書いてあることを根拠に解けるような設問づくりを心がけています。問題文を読み解くにしても、問いに答えるにしても、語句などの基礎的な知識が欠かせません。入学後も意識して学習していきますが、小学校や塾で勉強する時も大切に学習してきてください。

2思考するチカラ

考える力も問いたい力の1つです。問題文をしっかり読み解いた上で、設問で問われていることを理解して、考える習慣をつけましょう。今回のような問題では、もっている知識や経験を総動員して考えることが大切です。

3表現するチカラ

入学後は、国語だけでなく、さまざまな教科や生活の中で、自分の考えを人前で話したり、レポートにまとめたりする機会があります。そのため、入試でも記述問題を出題しています。考えたことを自分の言葉で伝える力をつけましょう。今回のような問題では、根拠が読み手に伝わるように工夫して書くことが大切です。