シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

茗溪学園中学校

2018年02月掲載

茗溪学園中学校の国語におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2. 生徒の多様性が茗溪の大きな魅力

インタビュー2/3

受験生の考えを揺さぶる作品を取り上げたい

町田先生 国語で大切にしているのは、文章全体を俯瞰して読むことです。例えば、段落がどこで切れているか構造を聞く問題は結構出していると思います。
授業では作品の構造をつかむ読み方の一つとして、作品のクライマックスを探します。入試においても、作品のテーマが隠れているクライマックスの部分を取り出す傾向はあります。
素材文選びとしては、小説はある程度コンパクトに一つの主張を一貫して述べている部分を切り取れる作品を、評論は受験生が異なる視点を獲得できるような作品を取り上げるようにしています。読んだ後に受験生の考えを揺さぶるようなものを出したいと思っています。

茗溪学園中学校 アゴラホール

茗溪学園中学校 アゴラホール

文章記述問題は「字数指定なし」で取り組みやすく

町田先生 文章記述については、受験生は頑張って書いてくれています。ただ、主語と述語がねじれているなど日本語として通じない文章が増えているように感じます。その点は読書量が影響しているのかもしれません。

文章記述問題には字数指定がありませんね。

町田先生 あまり大きくない解答欄に小さな字でびっしり書く受験生がいますが、解答欄の大きさを字数のめやすにしてもらいたいです。
作問者としては字数指定した方がラクです。ただ、受験生にとっては解答の条件が1つ増えることになります。作問者の都合で字数指定をして解答のハードルを上げたくはないですね。
文章記述問題の第一のねらいは、受験生の考えを表現してもらうことです。受験生には窮屈にならずにのびのびと自分の意見を書いてもらいたい。書くことで「意欲」を表現してほしいのです。

「五択」の文章選択問題で粘り強さを試す

文章選択問題は四択ではなく「五択」ですね。選択肢が増えればそれだけ難しくなりますし、作問にも骨が折れるのではないかと思います。

町田先生 五択にしているのは、面倒がらずに取り組んでもらいたいという思いはあります。国語の学習はいかに「面倒くさい」と戦うかでもあります。長い文章を読む、文中から問いのポイントを探すなど、国語が苦手なお子さんは「面倒くさい」がネックになっているのではないでしょうか。
文章選択問題では、傍線部の近くだけ、部分をつなげた読み方の受験生と、全体を俯瞰して読めている受験生の差が出るような問題を心がけています。読み進めながら頭の中で前後をつなげられるかどうか、理解力が試されます。
小説は登場人物の心情を問う問題が中心です。喜怒哀楽はダイレクトには表現されていません。したがって、その行動が何を意味しているかを読み解くのは非常に重要ですし、聞きたいところです。

茗溪学園中学校 教室

茗溪学園中学校 教室

帰国生が国内生の既成概念を“ぶち壊す”

町田先生 本校の生徒はバックグラウンドがバラエティーです。海外帰国子女やアジアからの留学生がいて、通学はつくば周辺から都内まで、寮生活をしている生徒もいます。いろいろな生徒がごちゃ混ぜな、多様性こそが本校の一番の魅力ではないかと思います。

佐藤先生 留学生がクラスにいても特別ではなく「普通」のことです。バックグラウンドが違っても、一人の人間としてどうつき合うかを自然に身につけられる環境です。背景の違いが「そういうものだ」とわかっていれば、社会人になって驚いたり戸惑うことが少ないでしょう。

多様だからこそ、教える大変さもあるのではないでしょうか。

町田先生 海外生活が長い帰国生は慣用句がわからなかったりしますが、国内組が日本のことをあれこれ教えています。

佐藤先生 一方、帰国生は海外経験のない国内組の、いかにも日本的な発想をぶち壊してくれます。教員が言うより効果は絶大です。

授業以外のグループ活動で人となりが見えてくる

佐藤先生 よく「男子と女子の仲がいいですね」と言われますが、それは中1から男女混合の班編成にして意見を戦わせるようにしているからでしょう。

町田先生 中2の筑波山キャンプは、班ごとに学校から約20kmの距離を、地図とコンパスだけを頼りに歩きます。男女がこっちだ、あっちだと言い合い、いろいろな意見が出るからおもしろいのだと思います。
グループ活動では仲間の人となりが見えてきます。キャンプでカレーを作っていると急に雨が降ってきました。いつも単独行動を取る男子が、ずぶ濡れになりながらカレーに傘を差して雨が入らないようにしていました。「あいつ、いいヤツじゃん」と彼に対する見方が変わりました。すると授業中の話し合いでも接し方が変わります。

佐藤先生 寛容になったり、説得のアプローチを工夫するのは、相手のことが見えてきたからです。そうした積み重ねの中で、自然と信頼関係が築かれているのだと思います。

町田先生 国語の授業では、ある生徒の意見に対して「反論は?」と聞くと、他の生徒の手がサッと挙がります。他者の意見に反論するのはなかなか勇気が要りますが、それができるのは話し合いが友だち関係とは違い、ミッションを達成するための手段だとわかっているからです。根拠を持って反論できていますし、合っていない反論に対しては「再反論」することもあります。

茗溪学園中学校 校舎

茗溪学園中学校 校舎

インタビュー2/3

茗溪学園中学校
茗溪学園中学校1872(明治5)年創設の師範学校をはじめ、東京文理科大学、東京高等師範学校、東京教育大学、筑波大学などの同窓会である社団法人茗溪会が、1979(昭和54)年に中学校・高等学校を開校。以来中等教育批判に応える取り組みをする研究実験校として注目される。
知・徳・体の調和した人格の形成をはかり、創造的思考力に富む人材をつくることが教育理念。人類や国家に貢献できる「世界的日本人」の育成を目指す。自ら学び成長していく能力、Study Skillsを身につけさせる。通学生も短期の寮生活を体験するなど、共同生活を通じての人間形成を重視している。
筑波研究学園都市の最南端に位置し、広い校地にはグラウンド、屋外プール、テニスコート、バスケットコートなど体育施設も充実。全教室にプロジェクターが設置されているだけでなく、大教室や、天体ドーム、2つのコンピュータ室など、設備も機能的。近くに寮があり、約230名が生活。中学生は主に3人部屋、高校生は2人部屋。
生徒の将来を考えた教育構想から生まれた独自のカリキュラム。英語では外国人教師による少人数制の英会話などで語学力を強化。また、希望者は放課後に第2外国語として、フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語等を無料で受講できる。ほとんど全教科でコンピュータ利用の授業を実現するなど、情報教育にも力を入れている。中2~高3の英語・数学は習熟度別授業。高2から進路に合わせた選択履修となり、受験に向けた放課後の受験対策補習や夏期補習が本格的にスタートする。医学部など理系にも強く、海外の大学に進学する生徒も少なくない。
女子は剣道、男子はラグビーを校技として定め、冬には精神訓練のためそれぞれで寒稽古を行う。本物にふれる芸術鑑賞会、茗溪学園美術展、合唱コンクール、文化祭などは質が高い。学園内のいたる所に展示された生徒の作品を見ても、芸術への力の入れようがわかる。フィールドワークとして中1・中2はキャンプで観察や実習を行い、中3は沖縄での国内研修旅行で本格的な調査活動をする。高2ではシンガポールで海外研修を行う。クラブ活動はラグビー、剣道、テニス、水泳、バトミントン、美術、書道、無線工学部などが活躍。昼食は中学生が食堂で全員給食、高校生は寮生は給食、通学生は給食またはお弁当で、お弁当は教室でとる。世界各地からの帰国生が全校生徒の約22%以上在籍している。
平成23年度よりSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に認定され、近隣の筑波大学や世界の最先端の研究所群とさらに協力関係を深め、生徒の学習・研究活動のレベルのより一層の高度化を実現中である。