シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

駒場東邦中学校

2017年11月掲載

駒場東邦中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

2.答えを出すこと以上に、考え方(なぜそうなるのか)に興味をもってほしい。

インタビュー2/3

数学科では小テストを頻繁に行う

駒場東邦らしさという点で、感じていることがあれば教えてください。

千田先生 面倒見はいいのではないかと思います。先生方が熱心で、小テストを頻繁にやっています。ここまでやる学校はあまりないような気がします。

新しい先生がいらしたら研修会を行うなど、数学科で共有されていることを伝える機会はあるのでしょうか。

佐藤先生 同じ学年の授業を担当している先生とは、打ち合わせというほどのものではありませんが、「こんな感じでいきましょう」ということや、「小テストをいつやりましょうか」というような話など、いろいろコミュニケーションをとっています。

千田先生 私は駒場東邦に来て4年目になりますが、入ったばかりの頃はこちらからお願いして(先輩の先生方の)授業を見せていただきました。

数学科/千田 一樹先生

数学科/千田 一樹先生

生徒全員に同じ内容を理解させたい

小テストは先生により異なるのですか。それとも学年として行っているのでしょうか。

佐藤先生 基本的には学年共通です。

千田先生 そこは足並みを揃えますよね。

佐藤先生 最近は「こういうところも教えたほうがいいですかね」という相談もしています。

千田先生 クラスにより、差が出ないように配慮しています。

佐藤先生 生徒全員に同じ内容を理解してほしいという思いがあるからだと思います。

授業の雰囲気はいかがですか。

千田先生 同じような能力をもつ子の集団。しかも男子だけなので、全体が同じ方向を向きやすい環境です。生徒にとっても、学びやすい環境だと思います。

小テストが学習のペースメーカー

習慣づけのために、なにかやっていることはありますか。

千田先生 やはり小テストじゃないですか。学習内容の切りのいいところで、定期的に行うので、生徒には「それを目安に勉強しなさい」と言っています。

佐藤先生 問題集なども定期試験ごとにチェックすることが多いです。生徒は学習のペースを自分で決めなければいけません。ペースメーカーになるのが小テスト。「ここまでやっておかないと小テストで間に合わないな」というように、自分なりに計画を立てて進めています。

自主性を重んじているのですね。入学後まったく勉強しない生徒さんはいませんか。

佐藤先生 やはり入試が終わったあとは、やっと終わったという晴れやかな気持ちなので、なかなか勉強に身が入らないということがあるとは思います。
もちろん学校生活に慣れることも大事ですが、その土台は学習習慣にあると思います。ですので、気持ちを切り替えてしっかりと学習に取り組んでほしいです。学習ペースをつかんでもらうために最初はこまめに課題を課すこともありますが、徐々に自主的に取り組むということを求めています。

駒場東邦中学校 掲示物

駒場東邦中学校 掲示物

算数が得意でも数学でつまずくこともある

数学でつまずく生徒さんはいませんか

佐藤先生 中1は算数の延長上にあるものが多いので、あまりいないです。

やはり算数が得意な子が多いのですか。

佐藤先生 そうですね。多いと思います。ただ、算数から離れられないのは問題だと思います。例えば方程式も、塾で算数を勉強していればいろいろな方法を知っています。そういうものを使って簡単に解けてしまうと、実際に文字を置き、式を立てて方程式を解くという作業をやりません。やらなくても答えが出てしまうので、そこが一番難しいところだと思います。
少し抽象度を上げて、方程式という考え方でいろいろなものが解けるということを理解しようとする生徒がいる一方で、答えが出ればいいんでしょという生徒は小学校で学んだものから離れることができません。

もっと手を動かして考えてほしい

最近の生徒さんを見ていて感じる傾向はありますか。

佐藤先生 最近は高校生しか見ていないのですが、問題を解かせても試行錯誤をしない生徒がいます。入試問題でそういうところも問うてはいるのですが、なかなかそういうところを気にしてくれないというか。すぐに答えを知りたがるところが気になっています。

千田先生 こちらの解説を待つところがありますね。「自分で手を動かせばいいのに」と思うことはよくあります。どうにか効率よく解きたいという意思を感じます。

佐藤先生 ただ、生徒によりまちまちなので、一人ひとり様子を見て、手が動いていないようなら声かけをして、そこでヒントを与えることもあれば、「考えろ」という時もあります。

駒場東邦中学校 生徒が作った多面体模型

駒場東邦中学校 生徒が作った多面体模型

ずば抜けた力をもつ生徒は自ら学ぶ

一方で、人並み外れた能力をもつ生徒さんもいるのでは?

千田先生 いますね。

佐藤先生 数は少ないかもしれないですけど。

そういう生徒さんは授業中、どんな様子ですか。

千田先生 自分で課題を見つけています。教科書に「~であることが知られている」などと書いてあると、その証明を考え始めるなど、自分でおもしろそうなことを見つけて試行錯誤しています。暇そうな顔をしないのですごいなと思います。

インタビュー2/3

駒場東邦中学校
駒場東邦中学校1957(昭和32)年4月、東邦大学の理事長であった額田豊博士が、当時の名門・都立日比谷高校校長の菊地龍道先生を招き、公立校ではできなかった夢を実現させるため、現在地に中・高を開校。71年に高校募集を停止し、完全中高一貫教育の体制が確立した。2017(平成29)年に創立60周年を迎えた。
神奈川、東京のどちらからも通学至便で、東大教養学部にも程近い都内有数の文教地区に位置。300名収容の講堂、6万9千冊の蔵書を誇る図書室、9室の理科実験室、室内温水プール、トレーニング室、柔道場、剣道場など申し分ない環境が整っている。職員室前のロビーには生徒が気軽に質問や相談をできるよう、机やイスを設置している。
先生、生徒、父母の三者相互の理解と信頼に基づく教育を軸に、知・徳・体の調和のとれた、科学的精神と自主独立の精神をもった時代のリーダーを育てることを目指す。年間を通じて行事も多く、とくにスポーツ行事などでは、先輩が後輩の面倒をよく見る「駒東気質」を培う。中1では柔道・剣道の両方を、中2・中3はどちらかを履修することになっている。
2004年から中学校では1クラス40名、6クラス編成に。「自分で考え、答えを出す」習慣を身につけながら、各教科でバランスのとれた能力を身につけることが目標。英・数・理では特に少人数教育による理解の徹底と実習の充実をはかっている。中1・中2の英語と理科実験は分割授業。数学は中2(TT)・中3(習熟度別分割)・高1と高2(均等分割)の少人数制授業を行う。英語は、深い読解力をつけるために中3~高3までサイドリーダーの時間を導入。さらに高3ではネイティブ指導のもと自分の考えを英語で表現するコンプリヘンシブ・クラスなど独特の指導も展開している。文系・理系に分かれるのは高3になってから。中学生は指名制、高校生は希望制の夏期講習を実施する。
濃紺の前ホック型詰襟は、いまや駒東のトレードマーク。伝統的に先輩・後輩の仲がよく、5月中旬の体育祭では全学年が一丸となって燃える。中学では林間学校・水泳大会・全校マラソン大会など健康な体をつくるための行事が盛りだくさん。高校生になると体育祭などで中学生を指導してリーダーシップの育成をはかる。クラブは同好会15、文化部15、体育部16があり、中高一緒に活動。放課後の校内は活気であふれている。軟式野球部・アーチェリー部・囲碁部・陸上部・化学部など関東大会や全国大会に出場したクラブもある。アメリカ・台湾への短期交換留学制度もある。