シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

駒場東邦中学校

2017年11月掲載

駒場東邦中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

1.算数の学習は日常生活につながっているということを意識しよう。

インタビュー1/3

自分の問題意識を発信する力を問いたかった

問題の意図から教えてください。

佐藤先生 従来どおり問題を解決する能力を問うなど、入試問題における方向性は変わっていないと思いますが、これから社会に出る人たちに求められる力として、自分でいろいろ問題を探して解決していく力が必要であろうと考えました。そこで自分の問題意識を発信する力をはかれる問題を出したいという意図で、このような問題をつくりました。
自分の勉強していることが、日常生活につながっているということを意識して勉強してもらいたいというメッセージでもあります。

数学科主任/佐藤 武芳先生

数学科主任/佐藤 武芳先生

ささいなことでよい

実際、どのようなことを書けばよかったのでしょうか。

佐藤先生 聞かれているのが「感動したり、おもしろいと感じたりしたこと」ですからささいなことでもいいのです。いろいろあっておかしくないと思います。受験生がどこまで考えたかはわかりませんが、ほかにも問題がたくさんあるなかでの1問なので、ここに多くの時間はさけなかったのではないかと思います。最初から順に解いていき、パッと思いついたことを書いた子もいれば、最後にまわした子もいる。それぞれだったのではと推測しています。

これが5年後、算数を数学に置き換えて聞いたらどうなるのかという疑問を抱きました。たくさん感動が生まれていたらいいなと…。

佐藤先生 そうですね。数学になると理解するだけで大変ということもありますが、数学に携わっている者としてはそういう経験をたくさんさせたいと思います。

小学生なりの経験が書けていれば評価した

採点基準などの共有はありましたか。

佐藤先生 はい。解答例を設けて、基準を共有して採点しました。本人が、日常生活のなかでどのくらい意識しているか、というところだと思います。小学生が経験したものが書けていれば評価しました。小学生らしい楽しい解答がありました。

駒場東邦中学校 二代校長 高山(こうやま)政雄先生

駒場東邦中学校 二代校長 高山(こうやま)政雄先生

バランスのいい出題を心がけている

問題をつくる時に意識していることはありますか。

佐藤先生 自分で考えたり、手を動かしたりしてほしいという思いはあります。特定の分野にかたよることなく学習してほしいと思います。いろいろな力を問いたいので、バランスよく出題するということを心がけています。

問3の問題から、根拠を持ちながらの数的感覚というものを大事にされているのかなと思いますが、いかがでしょうか。

千田先生 「すべて求めなさい」という出題ですので、根拠を持って求めるということが大事になります。

入試で見たいのは考える力

数の問題は、知識ももちろん必要ですが、作業して得られることを大事にしてほしいということが受け取れる問題が多いですよね。この問題が解ける子は賢いと思える問題が多いので感心しています。

佐藤先生 やはり塾などに通っていればいろいろな知識が入りますから、そういう学習してきたことをきちんと使えるかというところも見なければいけないと思いますが、私たちがもっとも見たいのは考える力です。知識をそのまま使って答えがパッと出てきてしまうというよりは、その場で考えてもらいたいという思いは大いにありますね。

合格するために乗り越えなければならない、壁になるような問題は設けていますか。

佐藤先生 それぞれの問題の中で、あるいは全体を通して、それはあると思います。

算数が得意なお子さんが数多く受けているのでは?

佐藤先生 そうですね。どちらかというと、今までも算数や理科が好きな子が多いです。

駒場東邦中学校 職員室

駒場東邦中学校 職員室

インタビュー1/3

駒場東邦中学校
駒場東邦中学校1957(昭和32)年4月、東邦大学の理事長であった額田豊博士が、当時の名門・都立日比谷高校校長の菊地龍道先生を招き、公立校ではできなかった夢を実現させるため、現在地に中・高を開校。71年に高校募集を停止し、完全中高一貫教育の体制が確立した。2017(平成29)年に創立60周年を迎えた。
神奈川、東京のどちらからも通学至便で、東大教養学部にも程近い都内有数の文教地区に位置。300名収容の講堂、6万9千冊の蔵書を誇る図書室、9室の理科実験室、室内温水プール、トレーニング室、柔道場、剣道場など申し分ない環境が整っている。職員室前のロビーには生徒が気軽に質問や相談をできるよう、机やイスを設置している。
先生、生徒、父母の三者相互の理解と信頼に基づく教育を軸に、知・徳・体の調和のとれた、科学的精神と自主独立の精神をもった時代のリーダーを育てることを目指す。年間を通じて行事も多く、とくにスポーツ行事などでは、先輩が後輩の面倒をよく見る「駒東気質」を培う。中1では柔道・剣道の両方を、中2・中3はどちらかを履修することになっている。
2004年から中学校では1クラス40名、6クラス編成に。「自分で考え、答えを出す」習慣を身につけながら、各教科でバランスのとれた能力を身につけることが目標。英・数・理では特に少人数教育による理解の徹底と実習の充実をはかっている。中1・中2の英語と理科実験は分割授業。数学は中2(TT)・中3(習熟度別分割)・高1と高2(均等分割)の少人数制授業を行う。英語は、深い読解力をつけるために中3~高3までサイドリーダーの時間を導入。さらに高3ではネイティブ指導のもと自分の考えを英語で表現するコンプリヘンシブ・クラスなど独特の指導も展開している。文系・理系に分かれるのは高3になってから。中学生は指名制、高校生は希望制の夏期講習を実施する。
濃紺の前ホック型詰襟は、いまや駒東のトレードマーク。伝統的に先輩・後輩の仲がよく、5月中旬の体育祭では全学年が一丸となって燃える。中学では林間学校・水泳大会・全校マラソン大会など健康な体をつくるための行事が盛りだくさん。高校生になると体育祭などで中学生を指導してリーダーシップの育成をはかる。クラブは同好会15、文化部15、体育部16があり、中高一緒に活動。放課後の校内は活気であふれている。軟式野球部・アーチェリー部・囲碁部・陸上部・化学部など関東大会や全国大会に出場したクラブもある。アメリカ・台湾への短期交換留学制度もある。