シカクいアタマをマルくする。~未来へのチカラ~

中学入試問題は、子どもたちの“未来へ学び進むチカラ”を試しています。
そこには「こんなチカラを持った子どもを育てたい」という各中学のメッセージが込められています。
この「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズでは、そんな子どもたちの“未来へのチカラ”を問う入試問題から、その出題意図(アドミッション・ポリシー)と、子どもたちへのメッセージを探っていきたいと思います!

出題校にインタビュー!

鎌倉学園中学校

2017年09月掲載

鎌倉学園中学校の算数におけるアドミッション・ポリシーを聞いてみました。

3.力を伸ばすには、アドバイスを素直に受け入れることが大切。

インタビュー3/3

苦手な子をつくらない、が数学科のモットー

数学科で大切にしていることを教えてください。

椎野先生 苦手な子をつくらない、ということです。ですからシステム的にも手を加えました。今年から習熟度別授業を取り入れて、手厚く見ています。当然、今回のような問題も解ける、発想力のある子も伸ばさなければいけないので、力に合わせた教材を使って授業をしています。
中学生の習熟度別授業は『鎌学セミナー』だけで、中3は成績で2クラスを3つに分けて授業を行っています。高校は希望制です。数学は苦手だけど考えることが好き、という子もいるからです。そういう子が上の授業を希望して受けることもあります。

鎌倉学園中学校/校舎

鎌倉学園中学校/校舎

できるまで根気よくつきあう

算数が好きな子、得意な子が多く入学している印象がありますが…。

椎野先生 そうですね。一般入試を受けた子の中にも「算数が得意」と思っている子がたくさんいます。そういう子が数学で打ち砕かれて、結構泣きます。追試、補習などでなかなか帰れないと、「もう帰りたい」「どうしてできないんだ」と叫んで泣き出すのです。「泣いてできるようになれば苦労しないんだぞ」と言いながら、別の教科の先生が抱きしめていましたけどね。いろいろな子がいるので、根気よくつきあうことが必要だと思っています。

なぜ、つまずくのでしょうか。

椎野先生 例えば、ピークが中学受験という子がいます。入試まではいろいろなサポートがあり、「頑張れ」「頑張れ」と言われてやってきましたが、入学後はそれがなくなるのと、学習内容が難しくなるのとで、処理しきれなくなるのです。そういう子は、だいたい中1の1学期にわかります。

プロセスをノートに書く習慣をつけよう

椎野先生 ノートが取れない子も何人かいます。教科書に書き込んでいるのですが、それでは振り返ることができないですよね。自分で勉強する方法をわかっていないのかなと思います。だからノートづくりから説明しています。
そういうことをするのは、すごくできる子ではなくて、ちょっとできる子なんです。算数は1プロセスか2プロセスで終わってしまうので、教科書に書き込んでも苦労をしなかったんでしょうけど、「数学はそんなに簡単なもんじゃないよ」と言いたいです。
「途中式を書きますか」とよく聞かれますが、数学の場合は途中式が大事。プロセスがいくつもあって、1カ所、間違えれば、違う方向に行ってしまいます。だからプロセスを残さなければいけないのです。間違えたら、その原因は2行目なのか、3行目なのか。それ確認をすることで理解できるわけですから、答えだけ書いて×をつけても意味がありません。

そういう子は指導を受けても変わりませんか。

椎野先生 もちろんノートに書くようになる子もいますが、頑固な子がいて、今年も数名は書いていません。それでもほどほどにできるので、やっかいなんです。きちんとやればもっとできるようになるので、もったいないなと思います。

鎌倉学園中学校/掲示物

鎌倉学園中学校/掲示物

目標は国公立大学合格者を増やすこと

椎野先生 学校全体の方針としては、国公立大学合格を増やす、ということで、工夫をしています。今の中3が高1になると、成績によりABとCDに分けて、ABには英数国のバランスがいい生徒を集めて授業を行います。よってCDには数学だけできないなど、なにかしら苦手がある子が集まるので、CDは基礎固めを念頭に置いた授業を行い、力をつけます。高2で文理選択を行いますが、その後も、文系、理系、それぞれにバランスのいい子を集めて1クラスつくり、(国公立大学進学をめざした)授業を行います。一昨年、私が担任したクラスでは8割の生徒が国公立大学を受けました。国公立といっても、東大、一橋大など首都圏の難関大学をめざしてもらわなければいけないので、しっかりと育てていかなければいけないと思っています。

鎌倉学園中学校/校庭

鎌倉学園中学校/校庭

自分で公式を作って解く力をつけよう

最後に、数学で印象に残る卒業生を教えてください。

椎野先生 寺本という、すごく数学ができる子がいました。この子は数学の授業ではなぜかボールペンしか持っていなくて、いつもボールペンで書いていました。書くには書きますが、鉛筆を持っている姿を見たことがありません。
どこがすごいかというと、短時間で自分で公式を作って解くということができるのです。東京理科大から東大大学院に進み、2013年から産業技術研究所に勤めています。彼のように短時間でできなくとも、自分で公式を作って解くということにはチャレンジできる力をつけてほしいと思っています。

インタビュー3/3

鎌倉学園中学校
鎌倉学園中学校鎌倉五山の第一刹建長寺が、宗派の師弟教育のため設立した「宗学林」を前身とし、昭和22年(1947年)学制の改革により法人名を鎌倉学園とし、鎌倉中学校と鎌倉高等学校が併設されました。「質実剛健」の武士の魂と、「自主自律」の禅の精神を現代に受け継いで、知・徳・体のバランスのとれた教育を目指しています。校訓は『礼義廉恥』で、教育のモットーである『文武両道』は、今までも、そして未来へと鎌倉学園が追い求めていく姿です。
礼義廉恥を校訓としての人材が育成されています。「礼義廉恥」とは、中国の古典「菅子」という書物の中に出てくる言葉からとられたもので、「礼」とは「節度を守ること」。「義」とは「自分を実際以上に見せびらかさないこと」。「廉」とは「自分の過ちを隠さないこと」。「恥」とは「他人の悪事に引きずられないこと」。教育目標は、父の厳と母の慈を根本として、知徳体一体の教育を行うことです。殊に現代社会の進歩に適応できるように進路指導を特に重視し、適性・能力に応じて指導をすると共に、生徒会活動・クラブ活動・ホームルーム等を通じて、社会の一員として理想的な生活態度を養い、情操豊かな人間の育成に努めてきました。校風は、豊かな宗教的環境の中で、学校全体が家庭的友愛精神に結ばれ、誠実の気風に満ち、生徒達は明朗な生活を楽しんでいます。
生徒の学力と適性に応じた指導や基礎学力の充実に重点をおいた指導が心がけられており、英語、国語、数学、理科、社会等基本科目はもとより、国際化に向けた「話せる英語」の修得をめざし、外国人教師による英会話プログラムを実施、年一回の英語検定も行っています。土曜日には「鎌学セミナー」3時間と通常授業1時間の授業が行われます。「鎌学セミナー」とは、国語・数学・英語の特別授業のことで、通常授業とは一線を画した1回完結の内容となっており、多角的な視点から学力の向上を図ります。
広大な建長寺の境内に隣接して建つ鎌倉学園。静寂な環境の中、集中して自己研鑽に励むことができます。古都鎌倉との調和を図りながら整えられた教育環境に包まれ、日々の生活の中で四季の移り変わりが感じられます。