コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
日能研が心の支えになった

桐光学園に合格して

  • 年度:2022
  • 性別:女子
  • 執筆者:
第一志望の桐光学園でしたが、合格する自信はなく、親子とも最後は諦めかけていました。
日能研の先生に「算数さえ頑張れば合格できる」と励まされ、朝早起きして計算や一行問題に取り組むようになりました。

それが、最後の2、3ヶ月のことです。

段々と分からないところや、苦手なところが見えてきたので、そこを重点的に復習しました。
そして、気づいたら一回受けて、即合格となりました!

2月1日に第二志望と第三志望を受け合格。
波に乗って、2月2日の桐光学園も合格することができました。

初日に桐光学園を受けるべきか迷いましたが、もし落ちたらショックが大きいと思い、先生にも相談して受験日を設定しました。

結果として、この作戦が見事に的中。

子どもも自信をもって2月2日の受験にのぞめました。

最後まで相談にのっていただいた先生方には大変感謝しております。

もし落ちたとしても、受験勉強を頑張ることは決して無駄なことではありません。
頑張る姿勢を学ぶことができました。
ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop