コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
こうやって弱点を克服しました

6年生からのスタートダッシュ!

  • 年度:2023
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
5年生の終わりごろ、ある塾で高校受験コースの入塾テストをしたと思ったら、お母さんが間違えて中学受験コースの方のテストを申し込んでいた。テストは受からなかったけど、解けなかったことがとても悔しかった。頑張って中学受験をしたいと思ったが、勉強を教えてくれる塾がない。たまたま友だちが通っている日能研をすすめられて、中学受験コースのテストを受けた。10点ぐらい届かなかったが、塾の先生に「頑張るならやってみますか?」と言われて、「じゃあやってみます!と言って、春期講習から始めた。だが、まだどこの中学に行くかは全く決めていなかった!!

日能研には友だちがいたので安心感があった。最初の頃は勉強の内容が難しかった。特に計算が遅くて時間配分が難しかった。何度も解いたり、きたない字でもいいので、計算を速く書く練習をした。理科は知識が必要なので、理まとで覚えた。国語は苦手で最後まで成績はのびなかったが、過去問を解いて出てくる問題のパターンに慣れるよう頑張った!

受験校は、11月ぐらいまでずっとどこに行くか悩んでいた。でもオープンスクールにたくさん行って、その学校の生徒たちとお話しして決めることができた。そこに向けて赤本を買った。そして無事受かることができた。私みたいに6年生から入ったり、遅れて受験を行ってもちゃんとやれば大丈夫です!いつ入ったかではなく、どれだけやるかだから自信持ってください !!!受験は緊張するけど、分かる問題から解いて落ち着くことが大事!残った時間で分からない問題を解けばいいと思います。

これからも色々大変なことがたくさんあると思うけど、理科のまとめ、計算マスター、語句のまとめ、まちがい直しなどをしっかりして頑張ってね!!fight!!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ

PageTop