コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー

忘れ物&寝不足

  • 年度:2022
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
1月14日、私は浦和明の星女子中学校を受けました。
電車を間違った駅で降りてしまい、慌ててすぐに電車に乗ったのですが、座っていた席の上にリュックを置いたままだということに、私も父も、気が付きませんでした。
そのまま電車を降りてしまって(今度は正しい駅で)、少し歩いたところで、父が「あれっ、リュックは?」と。結局、リュックは父のものを、受験票は父の持っていた予備を使い、筆記用具はコンビニで買いました。

無事に試験会場にたどり着いたものの、1科目目の国語で7個も空欄があるという事態に、私は不安を感じました。休み時間は、トイレに行くか、チョコを食べるかしていました。(テキストは電車の中に置いてきたので)
そして合格発表。
国語のこともあるし、あんなハプニングがあっては受からないのではないかという気がして、不合格だと思っていました。
ところが、結果は・・・合格!!
ハプニングがあっても、絶対落ちるというわけではないことが証明された1月受験でした。

2月の本命校では、1月受験の反省を活かして、私が持つ分と父が持つ分の2セット筆記用具を用意。前日に楽しみすぎてあまり眠れず、寝不足のまま挑みました。結果は合格でしたが、本領発揮できたとは言えません。なかなか寝付けないときは、本などを読むのがいいと思います。

ということで、私が受験を通して思ったのは、
・ハプニングがあっても、落ちるとは限らない!落ち着いて受ければ大丈夫!
・受験票の予備は必ず!
・入試前日にあまり早くベットに入りすぎると眠れない可能性が高くなる。寝付けないときには気分転換をするといいかもしれない。                 
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 次のドラマ

PageTop