コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
過去問への取り組み
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

地道な努力とあきらめなかった先の合格

  • 年度:2022
  • 性別:女子
  • 執筆者:
私にも中学受験の経験がなく、すべてが初めての中学受験でした。
とにかく不安で不安で、行きたい学校は第一志望どころか、第二も第三も平均偏差値には届かず・・・どうしていけばいいのか、合格をどこからもいただけず終わってしまうのかと、とても悩んだことを思い出します。

時には、ものすごくぶつかり合い、娘を泣かせてしまうこともありました。
どうしていいのか思い悩んだ時に、話を聞いてくださったのが先生方でした。
しっかりと私の話を聞いてくださり、「焦らないで今できることをやっていきましょう。そして、基礎をとにかく大事に諦めずに頑張りましょう」と、そして娘のことを「頑張り屋だから大丈夫」といつも励ましてくださいました。

私もそれからは、きっと地道な努力は必ずあなたを助けてくれるから!!と毎日やることをたくさんではないですが、二人で決め、娘も毎日、欠かすことなくやり続けて行くうちに、一度は諦めかけた第一志望の過去問が少しずつ点数が上がって行き、ただ安心できるような点数ではまったくなかったですが、諦めることなく、毎日毎日地道ではありますが、やり続け本番を迎えました。

1日の午前(第一志望)が終わり、「思ったより難しかった。多分ダメだ」と言う娘に、「終わったことはもういいから次々ー!」と励まして午後に向かい、午後(第二志望)も「過去問よりできなかった」と沈む娘を見て、私が沈まないようにと必死だったのを思い出します。

もう気持ちを2日に切り替え、「結果を見る時きっとダメだから一人で見たい」と言われ、任せました。
娘の「キャー」という声とともに合格を知り、二人ともとにかく信じられないという思いでいっぱいでした。
午後も合格をいただき、初めての中学受験は終了しました。

合格はもちろんとても嬉しかったですが、それとともに、「地道な努力。諦めなければ叶うこともあるんだね。これからも地道な努力を大切にしていくね」と言う娘の言葉でした。
合格とともにたくさんのそれ以外のことを中学受験で得たのだなと思いました。
とても成長させていただきました。支えてくださった先生方には感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop