日能研に通室をお考えの方へ

テストにはもっとやれることがある日能研のテストの特長

なぜ記述式の問題が多いのでしょう?

中学入試問題では、選択肢から選ぶ「多肢選択式」という正解が示されている問題だけでなく、自分の考えや意見を書く「記述式の問題」が多く出題されています。「記述式の問題」を通じて、各私学は子どもたちの何を見ようとしているのでしょうか?

入試問題を通じて「対話」を楽しむ~記述式の問題だからはかれるチカラ

社会科の教科書には、これまでの人たちが生きてきた歴史や築いてきた知見の蓄積(ちくせき)が書かれています。これも人類の物語といえるでしょう。

〈中略〉

近年は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行という大きなできごとがありました。このできごととそれにともなう社会の変化は、将来、社会科の教科書に書かれる歴史的事象になるのではないでしょうか。もしそうなるとしたら、みなさんが25歳になるころの教科書にどのように書かれていると思いますか。下の書き出しに従う形で、教科書の文章を、具体例を取り入れながら答えなさい。

⟨新型コロナウイルスの流行と社会の変化⟩
2019年の終わりごろから2022年ごろにかけて、新型コロナウイルス感染症とよばれる病気が世界的に流行しました。この時期、日本国内では、……

2023年 サレジオ学院中学校入試問題より(一部抜粋)

この問題を含め、昨今の中学入試問題はコチラ
シカクいアタマをマルくする。

私学の「記述式の問題」。「何をどれくらい知っているか、覚えてきたか」という知識量だけではなく、それを使って「キミはどう考える?」「キミの言葉で表現して。」「キミの意見を聞かせて。」という問いかけ。
それは、これまでどんな学び方をしてきたか(自分ごととしてきたか)、この先どんな学び方ができるのか(自分ごととしていくのか)を見ようとしています。入試問題は学校からのメッセージです。
入試問題を通しての、子どもたちとの対話。「記述式の問題」だから子どもの自由な考えが生まれる。
私学は、そのやり取りの中でその子自身のことを知ろうとしています。

「我が校の入試は、落とすためのテストではなく、発掘するためのテストです。」
―― ある私学の校長先生の言葉です。
私学は無個性な均一な、都合よく役立つ「人材」を育てようとはしていません。

「私」を大切に、自分で考え、自分で判断し、仲間と共に社会に貢献できる人を育てたい。
社会で活躍し、いまを豊かに生きる人になってほしい。―― 各私学の建学の精神につながっていきます。
マークシート方式のテストでは決してはかることができない、「その子自身」との出会い。

日能研のテストでも、その子自身の未来につながる考えを引き出すよう
記述式の問題にこだわっています。

テストのお申し込みはこちらから

実施要項はこちらからご覧ください。)