テスト・イベントについて

テスト・イベントについてトップへ

低学年学びワールド

未来を描けるチカラ。世界へつながる学び。日能研は低学年ではファンタジーを大切にした豊かな学びを繰り広げています。

人生の中で特別な時期である小学校低学年 学びの大転換期を迎える前、自分と他者の違いをまだはっきりとは意識できていない。

この段階は、「教科」という世界の学びを急がない方がいい。じっくりと、しっかりと学びを育てていくことが大切。

身近な体験を通して、自分の五感をフルに使う。好奇心や冒険心のおもむくままに、自由におもいっきり遊ぶ。たくさん感じる。「なぜ?」「どうして?」がわきあがる。

想像する。考える。探求する、気づく、発見する。「ああかな?」「こうかな?」と自分の中で関連づけたり、組み合わせたり。大人から見たら、奇抜で、突飛な発想を、壮大な空想を使っていろいろな「つながり」を自分の内側に創り続ける。

低学年という期間、ファンタジーの世界で、自分の内側にたくさん広げることができた子は教科にであっても枠に縛られず、知識と出会いをチカラとし、自由に学べるしなやかさを持ち続けることができる。そして、古い価値観にとらわれることなく変化のチャンスを生み出し続けて行ける。新しい未来を描くことができる。

だからこそ日能研の低学年では、ファンタジーを大切にした学びを展開しているのです。

日能研低学年ならではのさまざまな講座を開催しています。
自分の自由さを仲間と共有できる温かい空間。
どうぞ低学年学びワールドを体感ください!

ピックアッププログラム

あらゆる可能性

サイコロを30回投げたとき、1~6の目は何回ずつ出るんだろう?
「僕、いつも3とか4ばかり出るよ。」
「私は6が出ることが多いから、6が多いんじゃないかな。」
「僕は1が好きだから、1が一番多くなるはずだよ。」
子どもたちは経験から自分なりの予想を立てて…さあいよいよゲームがはじまります。
最初は勘で予想していたものが、ゲームが進むにつれて、あれ…なんかおかしいぞ。
思った通りにいかないよ。何か規則性があるのかな?
サイコロのゲームを通して、「可能性とは?」「確率とは?」ということを考えるプログラムです。

  • GEMS体験講座
飛び出すカードをつくろう!

ハロウィン編
画用紙を折ったり切ったりしてオリジナルハロウィンカードを作ります。ここをこう切るとどのような形になるのだろう、こういう形にするにはどう折ればいいのかな?と考えることで推論力を養います。
また、カードをあげたい相手にふさわしいデザインを考え、それを形にすることで、表現力も養います。お友達のカードを見て、刺激を受けることもあるかもしれません。
画用紙、折り紙、色鉛筆、モール…いろいろな材料を使って素敵なカードを作ってみませんか?

  • 日能研学びフィールド

教室ごとの時間割・費用など詳しい資料をお届けします。

  • 資料請求フォームへ

PageTop