テスト・イベントについて

テスト・イベントについてトップへ

低学年学びワールド

未来を描けるチカラ。世界へつながる学び。日能研は低学年ではファンタジーを大切にした豊かな学びを繰り広げています。

人生の中で特別な時期である小学校低学年 学びの大転換期を迎える前、自分と他者の違いをまだはっきりとは意識できていない。

この段階は、「教科」という世界の学びを急がない方がいい。じっくりと、しっかりと学びを育てていくことが大切。

身近な体験を通して、自分の五感をフルに使う。好奇心や冒険心のおもむくままに、自由におもいっきり遊ぶ。たくさん感じる。「なぜ?」「どうして?」がわきあがる。

想像する。考える。探求する、気づく、発見する。「ああかな?」「こうかな?」と自分の中で関連づけたり、組み合わせたり。大人から見たら、奇抜で、突飛な発想を、壮大な空想を使っていろいろな「つながり」を自分の内側に創り続ける。

低学年という期間、ファンタジーの世界で、自分の内側にたくさん広げることができた子は教科にであっても枠に縛られず、知識と出会いをチカラとし、自由に学べるしなやかさを持ち続けることができる。そして、古い価値観にとらわれることなく変化のチャンスを生み出し続けて行ける。新しい未来を描くことができる。

だからこそ日能研の低学年では、ファンタジーを大切にした学びを展開しているのです。

日能研低学年ならではのさまざまな講座を開催しています。
自分の自由さを仲間と共有できる温かい空間。
どうぞ低学年学びワールドを体感ください!

ピックアッププログラム

沈む?それとも浮く?

ピンポン玉を水に入れたら、どうなるでしょうか?
ビー玉はどうでしょう?
「これは浮くかな?沈むかな?」
予想をしてから、実際に試してみます。
「一瞬沈みそうだったけど、浮いたよ!」
「ゆらゆらゆれながら、沈んでいった!」
実験したら、結果を整理し、それをもとに考察します。
「浮くと思ったのに、沈んだよ。なんでかな?」
「どうしてこれは浮くんだろう?」
身近な素材を使って、楽しみながら物体の性質や特性をとらえます。

  • GEMS体験講座
うしろの言葉当てゲーム

ゲームで身につく質問力
みんなが背負っているのは『ことばのランドセル』?
「うしろの動物、どんななき声?」
「うしろのくだもの、あまい?すっぱい?」どんな聞き方をすればいいかな。
どんな答え方をすれば分かりやすいかな。ことばをたくみに使って、そしてみんなの力を上手に使って……。
こんなゲームを通して、質問力・思考力が身につきます。

  • 日能研学びフィールド

教室ごとの時間割・費用など詳しい資料をお届けします。

  • 資料請求フォームへ

PageTop