コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

感謝のキモチ

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
四年生の春、日能研に入りました。
始めのうちは、勉強が順調に進みましたが、途中から分からないところが増えてきました。
授業の宿題やカリキュラムテストに追われ、不安な気持ちが続きました。

そんな気持ちで五年生になり、さらに勉強が難しくなったと感じたある日、母から先生に質問することを勧められました。

始めはドキドキしましたが、分からないことをどんどん質問していくうちに、質問を気軽にできるようになっていきました。おかげで苦手な算数も、分からないところがぐんと減りました。
授業のたびに分からないことを質問することで、次の授業にも自信を持って臨むことができました。

六年生になった時には、算数だけでなく、すべての教科を質問するようになりました。
どの先生方も、私が分かるようになるまで、とても丁寧に教えてくださいました。

授業のない日も、母が質問をする私のために、送り迎えをしてくれました。どんなに遅い時間になっても、ずっと待っていてくれました。母のおかげで、安心して時間を使うことができました。そのスタイルは、受験直前まで続きました。

授業の質問だけでなく、先生方には、自分の進路についても相談でき、私は、母と先生方に支えられて、勉強に集中することができました。
志望校を決めてからも、不安になった時は、いつも母が元気づけてくれました。私を信じて、一緒に頑張ってくれました。

私が最後まであきらめずに勉強できたのも、母や先生方の支えがあったからです。
3年間、そばでずっと見守ってくれた母や先生方に、本当に感謝をしています。
これから始まる新たな学校生活が、とても楽しみです。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。

PageTop