コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
志望校・併願校の選び方

次への糧

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、残念ながら第一志望校に合格することができませんでした。
入試前は、「大丈夫 !絶対受かる !」と根拠のない自信を持っていました。
それは、二校受けた1月受験に、二校共合格したということもあってでした。
そして、入試1日目。一次。全力を出し切れませんでした。
私の第一志望校は三次まであり、「あと二回あるから大丈夫!」と思っていました。

入試2日目。
二次。自分では、かなりの力を出し切ったと感じていましたが、結果は不合格でした。
「こんなに頑張ったのに受からないなら、もう三次もダメなんじゃないか?」
自信がなくなってしまいました。

入試5日目。
三次。諦めず最後まで受験しました。
もう自分の持っている知識や技は全て出し切り、終わった時は体から力が抜けていったようでした。
ですが、三次も不合格。
入試3日目受けた女子校に進学することになりました。

みなさんに伝えたいこと。
それは、中学受験という大きな経験は、次への糧となる、ということです。
私は中学受験を乗り越えたことを、誇りに思っています。
受かった学校があなたに合っている学校です。
結果を恐れずに、最後まで頑張ってください。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop