コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

フェリス女学院中学校合格への道

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私の第一志望校はフェリス女学院中学校でした。
何度も文化祭に行き、志望校に決めた学校でした。

私が日能研に通っていた時期で一番、辛かったのは6年生の夏期講習の後からです。
その理由は3つあります。

1.公開模試で一度もフェリス女学院のR4偏差値を超えられなかった
夏期講習の前までは何度かR4偏差値を超えられたのですが、
その後はケアレスミスが多くなり、超えられなくなってしまいました。
「今やっていることの何がいけないのか」
と何回も感じました。

2.フェリス日特のクラス落ち
5組あったクラスで私はもともと一番上のクラスにいました。
しかし、テストの結果から1つクラスが落ちてしまいました。
内心、「やっぱり」とは思っていたものの、ショックは大きかったです。

3.1月受験の浦和明の星に落ちた
私は、1月に受けた学校に落ちてしまいました。
その時はR4偏差値がフェリス女学院中学校よりも受けた学校の方が低かったため、
「かなり絶望的なのでは・・・」
と悔しさと焦りを強く感じました。
しかし、今思えば自分の弱みを知り克服するきっかけになったので、1月に落ちて良かったです。
(私の性格では、受かっていれば2月も大丈夫と浮かれてしまうので・・・)

そして迎えた本番。
当日は緊張と不安に押し潰されそうでしたが、先生方に励まして頂き、少し安心して試験に臨めました。
しかし、いつもの力が出せなかったように感じ、不合格を覚悟しました。
翌日、志望校を受けてから合格発表を見に行くと・・・、無事、受かっていました!!
嬉しさで涙が出てきました。

皆さんも、これから辛いことがあると思います。
しかし、辛いことを乗り越えた分だけ成長できる
と信じて頑張ってください!!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop