コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
家族の支え・フォロー

5年からでも偏差値は10以上、上げられます☆

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は新5年の時から日能研に通い始めました。
それまでは家で通信教育の中学受験講座をやっていました。
塾の方が楽しくて、やる気が出たのですが、行き始めたばかりのときは、日能研に通っているだけでもう志望校に合格できるような気がしていました。
でも、そのうち、そんなに甘くないことに気が付きました。
5年の最初のあたりは、偏差値50前後をウロウロしていましたが、6年の終わりの頃には、64まで上げることができました。
自分なりに、偏差値を10以上、上げられた理由を挙げていきたいと思います。
 
①テストの結果、自分が間違った中で正答率が高いものを必ず見直す!!
 見直しは、結果が出てすぐがいいです。
②毎朝「計算と漢字」の計算をする。
③「計算と漢字」の漢字はカリテ前に2回はする。
 (できれば3回)
④終わったら印をつけられる予定表を、目に見える場所に貼る。
 (私は予定表を、母に作ってもらっていました)
⑤集中力が切れて頭が働かなくなったら、思い切って10分くらい休む。
 休憩中は自分の大好きなことをして、勉強から完全に離れる!!!
⑥先生に言われたことは、絶対にする。
⑦睡眠は7時間半はとる。
 (個人差があるので、あくまでこれは私の場合です)
⑧前向きな気持ちで問題と向き合う。
⑨カリテの前に理科・社会は3回、目を通す。
 (授業・家庭学習・カリテ直前)
⑩小学校の授業を真面目に受ける。
 いくら簡単でも、穴が見つかります!!!!!

あとは、家族からの温かい応援です♪

以上、これから受験する皆さんへのアドバイスでした。
受験勉強、楽しんでください(^^)/
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop