コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

最後まで日能研に通い続けた

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕が大きく成長したのは、1月に愛光中学校を受験することを決め、過去問題を解いたときからだ。
愛光中学校の算数は、特に僕を大きく変えた。
愛光中学校の問題は難しめで、広い範囲から出る。
そのおかげで自分の弱点がどんどん見つかっていった。そうなるとつぶしていかなければならない。

人間は弱点から逃げだしたくなるものだ。
しかし、僕は弱点から逃げず、しっかり向き合うことができるようになった。
類題では、合格力トレーニングプリントや銀本の類題を解いて、日能研を大いに活用した。
何年分の過去問題を解いただろう。生まれた年に近い年まで解いたと思う。
しかし残念ながら不合格だった。そのときはものすごく悔しかった。

その日、すぐに日能研に行って先生に相談し、ふり返りをして先生に見せた。
その後、2月の第一志望校に向けて過去問題をひたすら解いた。
愛光中学校と同じように先生に毎回提出し、類題演習をし、これ以上できないという万全の準備で本番を迎えた。
2月1日、2日は不合格だった。
それでも、日能研に通い続けて、失敗したと思った教科を先生に相談した。
3日は落ち着いて今まで意識してきたことを思い出して受けた。

結果は合格。

家族みんなで大喜びした。
受験を終えて、不合格でも日能研に通い続けて、3日は実力をすべて出しきり、学校に思いを伝えられたから合格できたと感じた。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop