コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
心強い味方~日能研の応援グッズ~
日能研の学習・受験相談
期間講習活用術!
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
日能研が心の支えになった
友だち・仲間

力をあわせ支えられて勝ちとった合格

  • 年度:2018
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
私は3年の後半に日能研に入りました。
その時は勉強もイヤイヤやっていました。
ですが少しずつ時が流れていくうちに志望校に合格したいと思って、仲間と出会い、勉強が楽しくなっていました。

まだ志望校には届かなかったので、栄冠への道や計算と漢字をおこない、父から言われていた「苦手なものは普通にし得意なものは伸ばす」を心がけ、算数などの科目をたくさんやりました。

成績は上がって行きましたが、「もっとがんばろう」と思ったことがありました。
それは新しい仲間との出会いです。
その子たちが一列目だったので、勝ちたくて必死にやって一列目になりました。
また、5年から6年にかけて出会った先生のおかげで、成績が伸びたのだと思います。

6年生の夏休みは、つらかったですが、仲間と合格を勝ち取るために日々日能研に通い、家庭学習もしました。
6年後半の9月からは、上のクラスの仲間や日特で同じ志望校を目指す子がいたのでとても大変でしたが、そのような苦労をしたからこそ合格したのだと思います。

入試直前の合格手ぬぐいには友達、先生、家族にメッセージを書いてもらい、壮行会では先輩や先生に最後の言葉と勇気をもらいました。
入試当日も、知っている先生がいてうれしく安心して会場に行き、今までしてきたことを思い冷静に実力を発揮し合格しました。

受験は個人戦でなく団体戦であると思います。
なので仲間と力を合わせて、感謝を忘れずに勉強し、落ち着いて入試を迎えてください。
努力は報われると私は思っています。
応援しています。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop