コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
学校説明会・文化祭を活用しよう
日能研の学習・受験相談
期間講習活用術!
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

ありがとうございました!

  • 年度:2018
  • 性別:女子
  • 執筆者:
3年生の3学期から約3年間日能研でお世話になりました。

初めは志望校を意識することなく、日々のテストでよい席を確保することに喜びとやる気を感じていました。

5年生で初めて行った文化祭。
その中でも豊島岡女子学園に何か運命的なものを感じたのか「私はこの学校に行く!」と心に決めたようでした。

6年生になりコツコツと頑張っていましたが、豊島岡に合格できるような成績をとることは一度もなく、親としてはかなり不安になりました。
特に算数が苦手でこのままではマズイ!!と6年の夏期講習を前に日能研を辞めて個人塾へ行くことを決断。

大事な大事な6年の夏休みを別の塾で過ごしてしまいました。
当然なのですが算数の新しいやり方が急に身につくはずもなく、結局ずっと日能研の解き方で進めていました。
模試の成績が少しでも上がればと思い転塾したにも関わらず、成績は低迷。
移った先の先生にも「豊島岡は諦めてください。」と言われる状態。

そんな中、夏期講習明けに受けた日能研の模試で顔見知りの先生に「戻ってきませんか?まだ大丈夫ですよ!」と温かい言葉をいただき涙がでる思いでした。
親の不安にさんざん振り回された娘。
10月から再び日能研でお世話になることになり、とても喜んでいました。
ゆるい夏を過ごしてしまい焦りましたが、戻った娘はよほど嬉しかったのか、以前にも増して授業を楽しんでいるようでした。

受験する学校も何となく決めて過去問を解いていた12月。
なんと今度は主人の大阪転勤が決まり、急遽ターゲットを関西に変更することになってしまいました。
大急ぎで情報を集め、直前に決めた関西の志望校。
関西の受験日程は関東より半月以上も早く、過去問や対策も不十分な上、学校の雰囲気もあまり分からないまま大阪へ移動し受験。

偏差値は十分だったにも関わらず2回の受験で両方ともに番号はありませんでした。
打ちひしがれて涙を流す娘に電話先の先生の励ましには本当に勇気をもらいました。
悔しい思いと受験の厳しさをヒシヒシと感じ、もしかしたら全滅かもと思いましたが
後日繰り上げ合格の連絡を受け安心したのか、千葉入試でも合格をいただくことができました。

豊島岡女子学園は実力以上のチャレンジ校だったので、気持ちよく受験を終わらせてあげたいと最初から3回分の願書を提出。
最後まで戦い抜く覚悟で前日まで5年分3回の過去問をすべて2回以上繰り返し、とにかく自信をもって臨むことにしました。

一日目。学校から出てきた娘はニコニコ顔「作戦がうまくいったよ」と。
合格に向けて各科目の解き方に細かい作戦を立てていました。
でも、私はそんなときが一番怖いな・・・と。
合格発表が当日の19時だったのでそのままの足で振り返りと翌日に向けての勉強をするため日能研へ行きました。

そしていよいよ迎えた発表時間。
自分の番号を見つけて二人で歓喜!大阪にいるパパへの電話も忘れて一番に日能研へ連絡しました。
まさか合格するなんて。しかも一回目で繰り上げ合格でもありません。
何年も願い続けた娘の想いが伝わったのだと感じました。

日能研に通って本当に良かったです。
今にして思えば、何気ない小さなこともすべて合格へ繋がっていたのだと確信できます。

人一倍恥ずかしがりやで人見知りの娘。
そんな娘にいつも声をかけてくださった先生方。
本当に心から感謝しています。

長い受験生活を通して親子ともに大きく成長することができました。
これからの新しい生活も楽しく過ごせますように!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop