コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
どのようにやっているの?家庭学習

油・断・大・敵

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:本人
僕は、武蔵が第一志望校でした。

将棋が強く、学食があり、自由な校風で、僕にうってつけの学校でしたが、
六年夏期の頃の僕は偏差値が53でとても届くものではありませんでした。
しかし、僕は武蔵に合格したい一心で過去問や毎日やることをこなし、六年最後の日能研全国公開模試では、偏差値も62に上がり、武蔵がR3に入るようになりました。

そして、冬期講習になり、僕はメモリーチェック・合格完成語句・語句のたしなみ・計算と漢字等の毎日やることを相変わらず続けました。
また、武蔵で出る理科の生物分野でも強化が必要だと思い、生物分野を重点的に勉強しました。

そんな中、ついに武蔵を受ける日(2月1日)がやってきました。
僕は、”自分は合格できる”と油断してしまいました。
そして、緊張しながら試験を受けて、試験中にも合格の実感がわいてきました。
武蔵の結果が気になる中、東京都市大付属や鎌倉学園の合格が分かり、一安心しました。
しかし、自信ありげに見に行った武蔵の合格発表の結果は不合格でした。
僕は受かっている人もいると思うとよりつらくなりました。

結局、僕は鎌倉学園に行くことになりました。
でも、こんな僕だからこそできるアドバイスがあります。それは、「油断大敵」です。

最後に、皆さん鎌学で待っています !
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop