コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
どのようにやっているの?家庭学習
こうやって弱点を克服しました
過去問への取り組み
日能研が心の支えになった

努力して夢を追い続ける!!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、5年生の時から日能研に通いはじめました。
最初は授業についていくのが大変で、偏差値は40。
その後は努力の甲斐もあり、Wクラスで1・2位を安定して取ることができ、後期からはGクラスに上がることができました。
6年生になっても調子の良さは続き、この頃から本気で豊島岡を目指し始めました。
しかし、夏期講習を終え、後期に入った途端に成績が下がり始めました。
10月からは豊島岡と頌栄の過去問を沢山解き、1月にはほとんど1回ぐらいは合格点に達することができました。

そして迎えた埼玉受験。とても緊張しましたが、栄東はまさかの東大合格。淑徳与野でも合格を頂きました。
その後もハードな勉強は続き、豊島岡の国語特訓、算数プリントの課題を全てやったことも自信に繋がり、社会と理科はメモチェの内容を完璧にするために何度も取り組みました。

そして迎えた、2月1日。
頌栄は過去問でもそれなりの点数が出ていたため、手応えはありました。

2月2日、ついに豊島岡の試験の日がやって来ました。
理科で全く手応えを感じなかったので凄く焦っていました。
そして、豊島岡入試後に知ったまさかの頌栄不合格。とても悔しい思いで普連土の午後入試。
試験が終わり、家についたのは18時。1時間後に迫った豊島岡の合格発表にとても緊張していました。
19時。インターネット上に私の番号はありませんでした。
ショックでずっと泣いていると、母が日能研に電話をかけてくれました。
各教科の先生に励ましてもらい、3日も頑張ろうと思いました。

3日の大妻は無事合格。豊島岡へのチャンスが再び来ました。算数で失敗し、結果は不合格。
けれどももう泣いてる暇などなく、すぐに泣き止みました。

そして5日。
いつもの国語の先生が応援に来て下さいました。
また算数で失敗しましたが、頌栄に合格することが出来ました。

受験生の皆さん!!
受験に必要なものは2つです!志望校への強い気持ちと、努力です。
今頑張れば、楽しい中学校生活が待っています!
努力しないで後悔するより、努力して達成感を得てください!努力すれば、結果は後からついてきます!
是非皆さんも頑張って下さい!!!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop