コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
日特、オプション講座を受講して
こうやって弱点を克服しました
志望校・併願校の選び方

負けず嫌いっ子の挑戦 ~女子最難関校へ~

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
「豊島岡女子学園に受かりたいなら桜蔭を2月1日に是非受けて下さい。」
面談で言われた日能研の先生の一言。私はこの一言に衝撃を受けた。

私は負けることを許せない負けず嫌いな少女。そんな負けず嫌いっ子が選んだ第一志望校は、豊島岡。四年生の時から目指していた学校だ。
豊島岡合格確率50%位の私はそれまで2月1日に偏差値60弱の学校をおさえとして受けようと思っていた。でも、先生の一言で全てが変わった。
落ちることが嫌すぎる負けず嫌いっ子は女子校最難関、桜蔭を受けることにしたのだ。それは勇気ある決断であった。
そこで負けず嫌いっ子は落ちて嫌な思いをしたくない一心で死ぬほど勉強した。桜蔭日特にも通い桜蔭への気持ちも強くなっていった。
国語が苦手だった私は桜蔭の国語を先生にマルがもらえるまで提出し続けた。桜蔭で特訓した成果もあり4科目とも豊島岡の問題が簡単に感じられた。それが落ちない近道だったのだろう。

国語も克服でき、1月の栄東はAから東大コースへスライド合格、そして浦和明の星女子、渋谷教育学園幕張と3連勝し、調子もうなぎ登りでむかえた2月1日、桜蔭へ。
緊張はほどほど、落ちないことを願ってテストに臨んだ。だが・・・得意の算数でうまく力が出せず絶対落ちたと思い、絶望していた。

そして、桜蔭の掲示板発表の2月2日の午後を前に臨んだ本命、豊島岡。ここでは全て力を出しきれた。
豊島岡も終わり、午後2時。桜蔭合格発表の時。ダメだと思いなが らも自分の番号を念のため探す。

えっっっっーーーー !!!!!!アッターーーーー !!!

見間違いでもない。確かに私の番号があった。信じられず、でも嬉しくてたまらなかった。

午後7時。豊島岡も無事合格。

負けず嫌いっ子の挑戦は成功。笑顔で、悩みながらも豊島岡の進学を決めたのだった。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop