コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
過去問への取り組み
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

心にグサリと響いた言葉

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
中学受験を通して、受験が間近になって来ると親の私があれこれ考え、息子のモチベーションをどのように保たせるか、傷つかないで最後までやりきれるのかなど、精神面を気にしてきていました。

息子が最終的に決めた学校に合格してほしい気持ちが強くなり、1回ダメでも最後まで全力で頑張れるサポートばかり考えて、こんなに頑張っている息子が落ちた時・・・と考えたら、泣きそうなったりしていました。

そんな時、最終保護者会でスタッフのKさんからのお言葉が、
「ダメだったとしても顔色を変えないで、そばにいてあげてください。お子さん達は、今まで日能研で受験に耐えられる力を充分に付けてきました!一番弱っちいのはお父様お母様です!」でした。
本当に心にグサリと響きました。
弱っちいのは私自身だったと深く反省しました。
そう言われると、息子の方が上ばかり向いていると気づかされ、心を入れ替える事が出来ました。ありがとうございました!

Kさんは、受験前日もひたすら過去問を解いている息子に、お電話をくださいました。
息子も安心して当日を迎えられました。(電話中、息子はずっと笑顔でした。)

そして、当日は息子の予想だと、Y校の二人共、逗子開成や鎌倉女学院や開成や、山手学院へ行ってると思うよと言っていて、「どこだっていい!藤嶺学園に集中!」「だね!」と話していました。

日能研のスタッフと握手をしていると、まさかのEさんがいらしており、緊張していた息子にも少しずつ笑顔が溢れ、第1回合格するぞ!と親子共々強気で行けました。ありがとうございました!
親が強気ですと、子どももすっごく強気になるんですね!
そして、自分の子供の頑張れる強さと精神の強さをとても感じる事が出来ました。

湘南学園は落ちてしまいましたが、中学受験を通して、親子共々本当に悔いのない、良い受験生活を送ることが出来ました。
輝かしい息子の将来の為に!!

大変、お世話になり、感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop