コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
どのようにやっているの?家庭学習
日能研が心の支えになった

充実した日能研生活でした!

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
我が長男が入塾したのは新6年生からでした。
それまでは、地元の進学塾に通っていましたが、受験をする児童がいなかったため、日能研へ入りました。
受験をするには少し遅いスタートで、初めの2、3か月は長男も大変だったと思います。
ただ個別指導よりグループ授業が好きだったので、日能研は長男に合っていました。
同じ目標に向かって頑張っていく良きライバル、良き仲間に会え、お互いが刺激になり、
モチベーションも下がることなく、毎回楽しんで通っていました。
毎週のテストで席順が変わり、下がれば「やばいぞ、頑張ろう!」と力が入り、
上がれば「頑張って良かった。この調子で続けるぞ!」と、
毎週毎週メリハリのある授業で、一度も弱音を吐くこともなく通うことができました。
おかげさまで、入塾した時よりも成績も上がり、
当初は手には届かないであろう栄東中学校東大クラスにも合格することができました!
合格発表の時のドキドキ感は忘れられない思い出です。

受験はいろいろと大変なこともあり、家族全員のサポートも必要ですが、
この1年間とても充実していました。
親子共々、たくさん成長したと思います。一生に一度しかない中学受験を経験し、本当に良かったです。
合格がゴールではなく、これからまた新たなスタートになりますが、
日能研で学んだこと(繰り返し・自主学習の習慣・やり続ける忍耐力・ポジティブシンキングなど・・・)は、これからも長男にとって役に立つ大きな財産となりました。

最後に、入試日、受験会場で子どもを送り出すとき、日能研の先生方に向かって行き、
一人ひとりと握手を交わし励ましの言葉をいただいている長男の後ろ姿を見て、とても感動しました。
もしかしたら、一番の感動場面かもしれません!
雪が降り積もった日もたくさんの先生方が応援に来てくれていました。
日能研に入塾して本当に良かったです!
一年間お世話になり、ありがとうございました。
引き続き、次男もよろしくお願い申し上げます!
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop