コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
友だち・仲間

午後入試受験必須か!?

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
1月のお試し受験は、同じ教室の友人達も受けて、小学校のクラスの友人も一緒でした。
偶然にも小学校の友人と受験する机がお隣り同士でした!
出願した日が10日ぐらいずれていたのに縁があるのかな?と親子共々驚きました。

入試当日、午後のこともあり家も近かったので、最寄り駅で待ちあわせをして一緒に入試会場へ行きました。
入試の科目ごとの休み時間も、塾で一緒の友人達とお話ししたり模試気分のようで、本番へのシミュレーションになっているのか?と私(母)は疑問でしたが(笑)。
お試し受験は実力の偏差値より低い所を受けたので、合格をいただけました。
もちろん隣にいた友人も合格。

パソコンで合格発表を見ようかなぁと思っていた所、隣で受けた小学校の友人のお母様から電話があり
「机が一緒で番号がつながっているからと思ってみたら合格(二人とも)してましたよ~」と吉報のお知らせが。
娘と「二人で先に見てくれたねぇ~」と笑いました。

さて、本番に向けてもう一度併願の確認へ。
2月1日・2月2日と第一、第二志望が一回のみの試験だったので、どちらかに午後入試を入れるか塾の先生へ相談し、どちらかというと母だけが悩みました。
2月3日、2月4日が併願で受験する学校もそれぞれ違っていましたので。

2月1日の結果が2月2日の10:00に発表予定です。
2月2日が第一志望なのでこちらに全力投球するため、2月1日の午後はやめて、午後入試を入れるなら2月2日のあとに、と思いましたが、
娘が「疲れるから絶対受けたくない!!」と拒否。
主人も「行ってもいないし行きたくもない学校受けてどうするの!?」と娘と同意見。
1月のお試し受験で合格しているので、1月31日まで母がすご~く悩みましたが、本人に午後入試を受ける気がなければどうしようもない・・・、と腹をくくり午後受験はなしで、2月1日~2月4日午前のみ第二、第一、第三、第四志望と予定を組みました。

2月1日は模試で合格の判定を何回も頂いているのに不合格でした。
本人も自信があったようでショックを受けていました。
第二志望だったので、まぁ最悪ではなかったのですが・・・。

2月2日の夜21:00、2月3日の入試のことを考えて、娘に2月2日の第一志望の合格発表を本人の目で最初に確認してもらうため、本人にパソコンのキーボードを打ってもらいました。
ドキドキで(たぶん)エンターキーを打って(想像)、
「あったよっ!!」ふりむいたら娘の満面の笑み!!!

地獄から天国とはこのことですね。
2月2日第一志望合格しました。
今までの努力が報われてよかったです。何十回もおめでとうと娘に言いました!!
翌日から小学校へ(入試一週間前から休ませたので、とても学校へ行きたがっていたので)足どり軽く行っていました。

午後入試に関しては、最終的に本人の判断を信じて良かったと思いました。
親も色々迷いますが、「子どもを信じることが必勝につながる!」と教わりました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop