コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
志望校・併願校の選び方
先取りシミュレーション!入試期間中
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった

迷ったら日能研の先生に相談!!

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:本人
私は、1月10日に栄東中、2月1日に雙葉中、広尾学園、2月2日に吉祥女子、広尾学園(医・サイ)、2月3日に鴎友学園を受験しました。

<1月入試・2月1日入試>
1月入試では、受かったものの、東大クラスにあと少しで受からなかったことから、合格と不合格(悔しさ)を両方体験し、経験をその後につなげることができました。

2月1日は、御三家ならではのただならぬ雰囲気でした。でも、それなりに自分の力を出し切りました。
午後は気持ちを切り替えたので、余裕でした。午後は合格でした。

<2月2日以降>
前日の雙葉(特に算数)がとても不安でしたが、1日の午後で余裕だったので、今日は今日、昨日は昨日と思い、2日の午前に雙葉の不合格が分かりましたが、午後の試験も、完全に実力を発揮できたと思います。
その心がけがあってか、2日受験校は両方とも合格しました。言葉に表せないくらい、嬉しかったです。
でも、私は鴎友学園を受けるか迷っていました。日能研の先生に相談して、今まで鴎友学園をあまり意識していなかったこと、でも受けないことにより、後悔するかも知れないことを伝えました。
そうして、鴎友学園を受験することに決めました。4日の12:00、緊張して見た合格発表は、まさかの合格 !!!
「やったー !!!」と驚きと迷いもあり、早速日能研に電話して、鴎友学園に進学することに決めました。
今から楽しみです。

<入試を終えて>
私なりの入試の時の心がけについてアドバイスします。
まず、前の結果が良くなかったとしても、前のことは考えないことです。今は今 !!と思い、本気で頑張るべきだと思います。
あと、連続して受験する(午前→午後→午前・・・)ことで、気持ちを切らさず、持続して受け続けるのもよいと思います。
あと、迷った時は、両親など身内だけでなく、日能研の先生に意見をいただくことも大切だと思います。
私は、それで進学先を決められました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop