コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
日能研の学習・受験相談
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった

実ある二年間

  • 年度:2016
  • 性別:男子
  • 執筆者:
終わってみれば、“中学受験”とは、一体何であったのか・・・。
第一志望校に入れなかった場合、達成感ややりきった感が実感としてなく、少し“シコリ”が残ります。
が、親子共々この“シコリ”をバネに、次の目標にスイッチしたいと思います。

日能研では勉強もさることながら、多くの出会いがありました。
一番大きかった出会いは、Nさんです。
6年生になってから、一番大きく息子を変えてくれたのはNさんです。
息子には、スタッフという枠を超え、時には母のように、また、姉、先輩のように接してくださり、
他人の子に何故ここまで出来るのか? と思うぐらい一生懸命親身になってサポートして下さいました。
私には、いつも合理的で的確な納得のいくアドバイスをして下さいました。
ここまで熱心に見て下さったのに第一志望校に受からず、本当に申し訳なく思っていますが、
第二、第三志望校では合格をもらえ、本人は納得していますし、
結果として通学しやすいので今となっては結果オーライだと思っています。

遊びたい時期に2年間自由にしてやれなかったのが、常に葛藤としてありましたが、
入試が終わり、毎日ダラダラしている息子を見る度にイライラしていますので、
目標に向かって学ぶ2年間は実の多い時間だったなと改めて思いました。
最後になりましたが今一度、Nさん、またその他ご尽力頂きました先生方、
スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop