コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
健康・メンタル管理
日能研の学習・受験相談
こうやって弱点を克服しました
入試直前、今できる事
先取りシミュレーション!入試期間中
家族の支え・フォロー
日能研が心の支えになった

最後まで頑張りました

  • 年度:2017
  • 性別:男子
  • 執筆者:
5年生から入塾し、Aクラスからのスタートでした。

国語が非常に苦手でなかなか伸びず、とにかく算数を一生懸命勉強しました。
少しずつクラスアップをし、目標を高く持つことにしました。6年生の前期に志望校を決めました。
塾はとても楽しく、行くのが楽しみでした。迎えに行くと、いつも楽しそうに友達と帰ってきました。
帰宅後も、塾での出来事をたくさん話しており、日能研の先生方には本当に感謝する日々でした。
1月受験は、埼玉と千葉を受験しました。社会に関しては、別の学校で同じような問題が出題されたので、その都度入試問題の見直しをしておいてよかったです。

そして2月1日。
日特に通い、一年間目指してきた第一志望校に『絶対合格する!』という気持ちで向かいました。
算数がとてもよくできたようですが、「他の科目でミスをした・・・」と言っていました。
それでも合格を信じ、2月2日に第二志望校を受けました。ところが、得意の算数ができず、合格点に数点届きませんでした。
第一志望校の結果も、残念ながら不合格でした。
頭痛が出始めましたが、帰宅後も先生のアドバイスを受け、苦手なところをもう一度勉強しました。

2月3日、第一志望校の2回目の日、頭が痛くて起き上がれず、「どうする?大丈夫?」と聞くと、「大丈夫だよ!もちろん行くよ」と答えました。
痛み止めを飲んで受験しました。
東京の合格を一つも取れないまま2月4日になりました。「今日こそ確実に合格を取ろう」と話して向かいました。
会場に以前担任をしてくださった先生がいて、「いつも通り」と声をかけてくださいました。
その一言に涙が出ました。試験中に主人から昨日の第一志望校の合格の知らせがありました。
本当にホッとしました。
受験を終えた息子には、結果を伝えないまま合格発表の張り出しを見に、息子を連れて行きました。
受かっているとは思っていなかったようで、自分の番号を見つけて、瞬きを何度もしていました。
4日目の学校も合格をいただきました。最後まであきらめずに受け続けてよかったです。

日特で志望校対策をしたのがよかったと話しております(特に社会の記述)。
苦手な国語は、入試ではできていたようです。いつも先生が前向きな声かけをしてくださったおかげだと思っております。
日能研の先生、スタッフの皆様、そしてクラスの皆さん、本当にありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop