コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
私・子どもを変えたきっかけ
日能研が心の支えになった

ありがとうございました。

  • 年度:2017
  • 性別:女子
  • 執筆者:
それまで、日能研を知りませんでした。

2年生も終わる頃、学童クラブには行きたくないと言い出した娘。
母子家庭の我が家、果たして子どもの放課後をどうしようか悩んでいたところ、「日能研全国テスト」のチラシを見つけました。
通信教育で勉強をしていたので子どもの学力が知りたくなり、テストに申し込みました。
ここが日能研との出会いでした。
緊張しいの娘が、初のテストの後「楽しかった!通いたい」と言い出しました。
そして3年生の後期からお世話になることになり、毎日休まずNバッグを背負い通いました。

周囲は中学受験に関心もなかったけれど、娘はどんどんその気になり、どうしても行きたいという中学校に何度も足を運んでいるうちに、周りもようやく理解してきました。
テレビの中だけの出来事だと思っていた中学受験、母に予備知識がなかった事と娘の反抗のため、全てスタッフの皆さんにお任せしていました。

毎日不合格を貰い続けて落ち込んだ時も、日能研のスタッフの皆さんに救われました。
第一希望校最後の試験の時も、教室の先生が激励して下さいました。
結果はダメだったけれど、娘はやり切って悔いはないと言っていました。
結果は4校中3校合格を頂くことが出来て、本人は満足したそうです。
今は日能研祝賀会と第二希望の学校の入学式を楽しみにしています。

ありがとうございました。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop