コラム・読み物

コラム・読み物トップへ

親と子の栄冠ドラマ -中学入試体験記-

関連キーワードへ

この記事の関連キーワード
入試直前、今できる事
「困った時」「つらい時」は日能研に行く!
日能研が心の支えになった

やり切った。悔いはない! 清々しい顔の娘

  • 年度:2016
  • 性別:女子
  • 執筆者:
2月1日、午前の第一志望校を終え、
ちょっと難しかったな・・・と言っていたが気持ちを切りかえ、午後の入試へ。
かなり手ごたえがあった様子で自信満々で帰路へ。
その夜、インターネットで合否を確認すると不合格。
本人も出来たと思っていただけに、何がダメだったんだろう・・・と。

翌日も同じ学校の第2回目を受験。
4科目だったが国語以外の自信があまり無さそう。
午後、前日の不合格を受けて急いでネット出願した女子校へ。
この日の午前受験した学校も不合格で、結果が出ない事が続いても全くへこたれない娘。
かなりガッツがあるな。と少し感心してしまう。
午後、受験した女子校でようやく合格を頂く。

そして3日目。
娘にとってはかなりのチャレンジ校を受験するもやはりダメ。

翌日、「第一志望の2回目チャレンジをする」と言い、3日目の午前入試を終えたその足で塾へ。
社会・理科を中心に最後の一人になるまでみっちり対策をする。
そして入試当日、テストを終えた娘は、清々しい顔で
「今の私のできる限りの力をふりしぼった! やり切ったし、もう不合格だったとしても全く悔いはないよ!」と。

5日目、チャレンジ校の2回目も出願していたため、娘は帰宅もせずにそのまま塾へ。
1回目入試のふり返りや、次の試験に向けての対策を先生方とまたもや最後の一人になるまで勉強してくる。
結果は振るわなかったけれども、最後の最後まで全くへこまず、全くあきらめず、一つ一つ受け止めながら前に進み、納得のいく受験を終えた事が何よりの娘の財産になった。

あきらめの悪い頑固な娘に、最後の最後まで親身になって教えていただいた先生方には、本当に感謝の気持ちで一杯です。
今後も寄せられたドラマを、各カテゴリーに随時アップしていきます。
  • 前のドラマ
  • 次のドラマ

PageTop